【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

メダリストが得意技を伝授

本紙掲載日:2019-08-05
9面
質問を受ける旭化成柔道部の吉田監督(左)、中央奥は中村総監督
中学生に技の指導を行う全日本の井上監督

旭化成柔道部−延岡で少年柔道教室

 旭化成柔道部と全日本柔道監督、コーチによる「少年柔道教室」が3日、延岡市大貫町の延岡市民体育館で開かれた。柔道を習う県内の小中学生ら約200人が参加した。主催は旭化成柔道部。

 毎年この時期に同市で行っている夏期合宿に合わせ、同教室を開いている。今回は全日本男子強化合宿で訪れている井上康生監督やコーチ陣が招かれ、子どもたちの指導にあたった。

 子どもたちを前に旭化成の吉田優也監督は、「世界選手権に向けた合宿をしています。畳を敷いて準備してくれた人たちありがとう」と、会場設営を手伝った市内の小中学生にお礼の言葉を伝え、「短い時間だけどみんなで楽しみましょう」と呼び掛けた。

 準備体操を終えると中央に集合。井上監督やアテネ五輪金メダリストの鈴木桂治コーチら4人がそれぞれの得意技を伝授した。乱取り稽古では、井上監督、鈴木コーチのほか、旭化成柔道部の中村兼三総監督、羽賀龍之介、王子谷剛志といった現役の選手らそうそうたるメンバーが胸を貸し、子どもたちは真剣な表情で、時には笑顔で稽古に励んでいた。

 鳥入道場の鳥入悠真ちゃん(5)は「思ったよりきつかった」と言いつつも、乱取り稽古で背負い投げを掛けることができたことに満足そうな様子。延岡警察署少年柔道クラブの井出口将仁さん(南小6年)は「うまいねと言われてうれしかった。井上先生から習った内股を試してみたい」、延岡少年柔道クラブの荒木心乃夏さん(東海東小6年)は「力が強くてすごかった。大内刈りが掛かって気持ち良かった」とそれぞれ充実した表情だった。

 質問コーナーもあり、元気な声と共に多くの手が挙がった。「何歳から柔道を始めましたか」と質問された井上監督が「5歳の時に延岡警察署少年柔道クラブで始めた」ことを伝えると、驚きの声を上げる子どもたちも。〃地元の先輩〃として少し身近に感じたようだった。

 進行役を務めた旭化成柔道部の吉田監督は「あしたから楽しく柔道してください」と最後にメッセージ。小学生、中学生、保護者の3グループに分かれ、講師陣や同部の部員らと記念写真に納まった。合宿地の延岡だからこそ味わうことができる、ぜいたくで貴重な時間を、子どもも保護者も満喫した様子だった。

その他の記事/過去の記事
page-top