【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本社で職場体験感想文

本紙掲載日:2019-08-03
7面

 延岡市の延岡しろやま支援学校中学部3年生の黒木雅也さんは1、2日、同市大貫町の夕刊デイリー新聞社本社で記者の仕事を体験しました。黒木さんの感想文を紹介します。


◆延岡しろやま支援学校中学部3年・黒木雅也

 1日目は、9月に延岡市で開かれるピアニスト・野田あすかさんの演奏会について、主催する「のぞみ園30th実行委員会」事務局の眦臈繊覆弔燭─砲気鵑縫ぅ鵐織咼紂爾掘記事にまとめました。

 特に難しかったのは「します」や「しました」などを「する」や「した」に変えることと、人の名前や数の書き込みが厳しかったです。また、印刷工場を見学した時に「約1時間で約4万部もの新聞が印刷される」と聞いて、その多さに驚きました。

 2日目は、昨日まとめた記事をパソコンに入力して、間違いがないか確認して記者の人に渡しました。その後は、何回もチェックしてもらいました。一つの記事に、これだけ力を入れていることに驚きました。

 また、同市大貫町のゆりかごWEC学院で開かれた狂言の舞台の取材に同行し、写真の撮影にも挑戦しました。

 実際に記事を作ったことで、新聞に載っている一つ一つの記事を、これからはしっかり目を通したいと強く思いました。

 この2日間を通して、夕刊デイリー新聞にはインタビューした内容の大事なところが正確で分かりやすく書かれていて、インタビューに答えた人の思いも細かく表れていることが分かりました。

 この職場体験学習で学んだことを学校生活に生かしたいです。

その他の記事/過去の記事
page-top