【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向木挽の仕込み始まる

本紙掲載日:2019-08-02
4面
芋焼酎の仕込みが始まり、サツマイモの選別作業に追われるスタッフら

「木挽BLUE」好調で増産−雲海酒造

 雲海酒造(本社・宮崎市、中島美幸社長)を代表する本格芋焼酎「日向木挽(こびき)」の仕込みが1日、綾町の同酒造綾蔵で始まった。12月中旬まで、1日当たり一升瓶3万2千本相当の約57・6キロリットルを製造していく。

 今年も原料となる宮崎、鹿児島産サツマイモの黄金千貫(こがねせんがん)は順調に育ち、初日からトラックに山積みされ次々搬入。自動洗浄してベルトコンベヤーで運ばれてくるのを、職員が一つ一つ手作業で選別した。

 期間中は臨時雇用を含む25人体制で、毎日47・5トンのサツマイモを処理しながらの製造作業が続く。日本の名水百選に選ばれている綾の湧水と共に蒸留。1年近く熟成させて全国に出荷する。

 木挽シリーズの中でも一昨年に全国販売した「木挽BLUE(ブルー)」は、福岡を中心に好調な売り上げを継続。このため、今年は仕込みを前倒しするなどして製造期間を1カ月近く延長し、約2割増産するという。

 同酒造製造部の中原親明次長は「木挽ブルーは芋本来の香りを残しつつフレッシュな味で飲みやすいと、20代、30代の女性を中心に人気が広がっている。今年も品質を第一に、消費者に喜んでもらえる商品を造っていきたい」と力を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top