【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

入院と時間外、休日診療−8月10日から一時休止

本紙掲載日:2019-07-31
1面

東郷病院−日向市

 日向市は30日、医師不足が続く市立東郷病院(山田強一院長、30床)の入院患者の受け入れと平日の時間外・休日の診療を8月10日から一時休止すると発表した。

 後任医師確保のめどが立たないためで、診療は平日の整形外科とリハビリテーション科の各外来だけとなる。東郷地区の住民を対象にした説明会を29日開き、理解を求めた。

 同病院は医師不足のため、2015年7月下旬から入院患者の受け入れと、休日や時間外の救急診療を休止。常勤医師3人体制が整ったことから18年4月、2年8カ月ぶりに再開した。その後、同年4月末に常勤医師1人、同12月初旬に非常勤の外科担当医が退職。今年5月には院長を務めていた常勤医師1人と非常勤医師1人が退職し、内科を休診していた。

 市によると現在の医師体制は常勤医1人、非常勤医4人。日中や夜間の診療ほか、救急診療を行っている。常勤医1人では入院患者の受け入れと時間外の救急診療の受け入れを休止せざるを得ないと判断した。

 十屋幸平市長は「地域医療を担う重要な医療機関で、誠に申し訳ないと思っている。今年度取り組む東郷病院のあり方の検討を鋭意進めるとともに、医師確保に努め、公立医療機関として良質で安定した医療体制の構築に取り組んでいきたい」とコメントした。

 市によると現在の入院患者は2人で、本人や家族の希望を聞いて他の病院に転院するか、退院して自宅療養するか調整するという。昨年度の1日平均の外来患者は57・8人、入院は1日平均9・9人。

その他の記事/過去の記事
page-top