【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

黒田直人大黒柱の輝き−富島

本紙掲載日:2019-07-26
9面
8回を完璧に抑えハイタッチする黒田直人(右)と齊藤

第101回全国高校野球選手権宮崎大会・ハイライト

 この日登板した2投手は「(リードを)信じて投げるだけ」。絶大な信頼を受ける富島の大黒柱が、攻守で輝いた。2つの盗塁阻止と3打点にも黒田直人は「まだまだ」。定めた〃甲子園での勝利〃まで、立ち止まらない。

 雨により3回戦から中7日。登板間隔の影響か、ここまで抜群の安定感を見せてきた黒木拓が3回までに3死球。内外角の投げ分けを生命線とするエースが苦しい投球になりかけた。

 「本塁に返さなければ1点にはならない。周りに任せればいい」―。マスク越しの声と、強肩が救う。追い付かれた二回1死と、三回の無死。「走ってくるのは分かっていた」。鍛えてきた素早い送球で、二盗を狙う走者を難なく刺して、芽を摘んだ。

 リードでも。右腕が武器にする変化球をうまく内角にも散らし、四回以降はまったく危なげが無くなった。

 そして3番を任されるバットでも。勝ち越した五回は二死一、二塁から左中間に二塁打。七回は一死満塁の場面で「外野まで飛ばすだけ」。狙い以上、右中間への大飛球で大きすぎた次の1点を奪った。

 次戦は、同じ3番捕手で出場し敗れた準決勝と、そして決勝。「先輩たちが敗れ、まだ足りないと思い知らされた場所。甲子園で勝つために(これまでの練習を)やってきた」。先しか見ていない。

◇制球を重視した−黒木拓(7回を投げ自責0)
「序盤は力が入り良くなかったが、直人が構えているところに投げれば長打はないと制球を重視した。ここまで来たら、次も勝って、勢いで甲子園1勝まで行く」

◇直人を信じて投げた−齊藤翔大(八回を1奪三振含む三者凡退)
「ストレートが良かったので、あとは直人を信じて投げた。ほかに投手もいるので、次も捕手を信じて、一生懸命に楽しんで投げたい」

その他の記事/過去の記事
page-top