【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

少年柔道大会で優勝−誠柔館

本紙掲載日:2019-07-26
2面
十屋市長に優勝を報告した誠柔館の選手たち

十屋市長に喜びの報告

 第37回九州少年柔道大会(今月6、7日、福岡県久留米市)と県スポーツ少年団中央大会柔道団体競技(6月30日・KIRISHIMAツワブキ武道館)で優勝した日向市の誠柔館(森本誠代表)のメンバーが12日、市役所に十屋幸平市長を訪ね、喜びの報告をした。

 訪れたのは、九州少年柔道大会の6年生軽量(50キロ未満)の部で頂点に立った海野颯斗選手(12)=財光寺南小=と、県スポーツ少年団中央大会の小学6年の部、中学生女子の部を制したメンバー。

 海野選手は兄の影響で5歳から柔道を始め、2年前に同じ大会の4年生軽量の部で準優勝を果たすなど県内外の大会で活躍。今大会では得意の小内刈りや背負い投げを武器に勝ち上がり、九州各県の精鋭37人の頂点に立った。本県選抜メンバーとして団体戦にも出場。4試合の戦績は2勝2分けの負けなしで、3位入賞に貢献した。

 県スポーツ少年団中央大会の小学6年の部は、9チームが出場し、決勝は門川柔道との県北対決を制して2連覇を達成。また、中学生女子の部(3人制)は森本音彩選手(12)=財光寺中1年=、安藤詩隠選手(14)=平岩小中3年=の2人ながら初優勝を飾った。

 市長室には、指導者の森本代表(32)らと共に道着姿の選手が訪問。初の九州チャンピオンとなった海野選手は「うれしくて思わずガッツポーズしそうになった」とにっこり。森本代表は「決勝は全国2位の選手を相手に接戦をものにした。将来が楽しみ」と期待を寄せた。

 十屋市長は「素晴らしい快挙。畳の上で汗をかいた日ごろの鍛錬の成果。一日一日を大事に次の大会へ向けて頑張ってほしい」と激励。海野選手は「応援に来てくれたみんなのおかげ。得意技を磨き上げて、中学や高校では全国優勝を目指したい」と目を輝かせた。

その他の記事/過去の記事
page-top