【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

上鹿川の中玉トマト収穫始まる

本紙掲載日:2019-07-25
1面
中玉トマトの収穫にいそしむ新本さん

寒暖差大きくおいしく育つ−延岡市北方町

 延岡市北方町上鹿川で、中玉トマトの収穫がシーズンを迎えた。標高500メートルという同地区の環境は寒暖の差が大きく、品質の高いトマトが育つことから評判が良い。

 地区では以前、ミニトマトを栽培していたが、9年前に労力低減を目指してそろって中玉トマトに切り替えた。現在5戸の生産者が約28アールで作付けしており、甘さと酸味のバランスが良い「505」という品種が主力。今年の収穫作業は6月下旬から始まり、11月中旬まで続くという。

 新本比佐良さん(67)も生産者の一人で、週3回の出荷に合わせて夜明け前から作業に汗を流す。約8アールのハウス内では色付きや大きさをじっくり見極めて1個ずつ手で収穫。今シーズンの出来は「玉太りも良く、甘みが乗って酸味とのバランスも良い。例年通りの品質に仕上がった」という。

 昨年、3アールほど栽培面積を増やしたが、それでも十分に手が行き届くという。「ミニトマトは体力的に大変だったが、中玉トマトにしてからは、ずいぶん楽になった。これからも消費者の皆さんに喜ばれるおいしいトマトを育てていきたい」と意気込みを話していた。

 同地区の中玉トマトはJA延岡を通じて宮崎市の中央卸売市場に出荷されるほか、JA延岡の産地直売所や道の駅「北方よっちみろ屋」の店頭にも並ぶ。

その他の記事/過去の記事
page-top