【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

長峯誠さん、2期目に意気込み

本紙掲載日:2019-07-23
3面
2期目への抱負を語る長峯誠さん

課題、公約に取り組む

◆24万1492票ありがたい得票

 参院選で再選を果たした自民党現職の長峯誠さん(49)は22日、県庁で記者会見し、「さまざまな課題、申し上げた公約に取り組もうという決意を新たにしている」と2期目への意気込みを語った。

 獲得した24万1492票については、「ありがたい得票。候補者としては1票差でも勝てればいいという気持ちでいつも戦っているので、もったいないくらいの票をいただき、ありがたいと思っている」と喜んだ。

 参院選宮崎選挙区で過去最低となった41・79%という投票率に対しては、「下がるとは思っていたが、下げ幅が大きかった」と感想。その要因については、4月の県議選で激戦区も下落したことなどに触れ、「時間をかけて詳しく分析する必要がある」と述べた。

 選挙戦を通じては「地方の実態を理解して、そこに適切な施策を打つということを期待されていると感じた」と振り返り、2期目に向けて「県の課題を一つ一つ解決することは、共通の悩みを抱える全国の地方都市の課題解決につながると思うので、その期待にしっかり応えたい」と表情を引き締めた。

 政策的には「宮崎の基幹産業である第1次産業に対し、輸出戦略や後継者への集約により生産性を向上させることで、戸数は減ったとしても一軒一軒の所得を増やすことが大事だと思う。大企業のけん引は底上げという意味はあるが、地方の経済構造に狙いを定めた小規模事業者支援の取り組みを進めたい」と考えを示した。

 政界では「市長をやっていたので財政再建はもちろん、社会保障も守り産業政策も進めていくという、全体最適を目指すスタイルでやっていきたい」と希望し、「その意味で、全省庁の予算を把握し次に各分野で何が起こるかが分かる財務省に関わってきたし、今後もそうしたい」と語った。

 一方、一部でうわさされている県知事ポストについては、「首尾一貫して全く考えていないと言い続けてきた」ときっぱり否定した。

その他の記事/過去の記事
page-top