【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

球児の熱い18日間

本紙掲載日:2019-07-05
5面

第101回全国高校野球選手権記念宮崎大会・出場校紹介特集

 令和最初は県北から―。夏の甲子園予選「第101回全国高校野球選手権宮崎大会」(県高校野球連盟など主催)は6日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアムで開幕し、球児たちの熱い18日間の戦いが始まる。参加する49チームのうち、県北11チームを各チームが高野連に提出した選手資格証明書を元に紹介する。(メンバー表の丸数字は背番号、白抜きは主将。以下、守備位置、名前、学年、出身中学校)


◆強打で一気に突き放す−延岡工
強打で頂点を目指す。赤木、重黒木、仲間、内倉は本塁打も打てる豪快なスイングが持ち味。甘い球が来たら初球からでも振る積極性も備えており、隙を逃さずに一気に畳み掛けて突き放す。主戦甲斐凜は2種のスライダーで相手をかわす。右腕尾崎は低目の直球にキレがあり、先発も継投もこなせる。捕手宮井が各投手の特色を引き出す。


◆投打かみ合えば上位も−延岡星雲
打線に力がある。見附、金子は小技も効き、謀弔狼嬖向にも長打が打てる県内屈指の左打者。右の橋口、高田、黒田は得点圏に強い。守備では西村―上杉の継投で失点を抑える。高身長の西村は大きく割れるカーブが持ち味。上杉は切れ味鋭いスライダーで三振も奪える右腕。投打がかみ合えば上位も狙える。


◆攻守で抜け目なし−聖心ウルスラ学園

攻守で抜け目のない第8シード。シュアな打撃ができる打線はどこからでも好機を作れる。1番山内、2番馬、3番木原は足でもプレッシャーをかけることができ、4番池田、5番栗下は長打が期待できる。主戦左腕の井上、2年生右腕の内は制球力があり、大崩れしない。右横手投げの吉本もおり、幅広い選択ができる。

その他の記事/過去の記事
page-top