【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

来店客に特産品など配布

本紙掲載日:2019-07-05
3面
買い物客に笑顔で特産品を手渡す生徒

諸塚中学校2年生15人−イオン延岡でふるさとPR

 諸塚村諸塚中学校(菅沼彰洋校長、36人)の2年生15人は3日、延岡市旭町のイオン延岡店でふるさとのPR活動を行った。そろいの法被姿で買い物客に笑顔で声を掛け、特産品などが入った袋を手渡した。

 同村を含む県北5町村の高千穂郷・椎葉山地域は、国連食糧農業機関(FAO)の世界農業遺産(GIAHS=ジアス)に認定されている。PR活動は、生徒にジアス認定の偉業を理解させ、郷土愛を育んでもらおうと認定翌年の2016年から実施している。

 昨年までの過去3回は修学旅行先の京都市内で行ってきたが、今回は県内での活動を計画。延岡方面から人を呼び込もうと、同店の協力で実施した。

 総合的な学習の時間を使って準備を進めてきたという生徒たち。この日は、ジアスをアピールするのぼりや手作りのポスターを手に、買い物客に「ぜひ諸塚に来てください」などと声を掛け、乾燥しいたけ、しいたけクッキーのほか、手作りのパンフレット、村内の女性が作った「苦抜木(くぬぎ)地蔵」ストラップ、アンケートはがきなどが入った袋を手渡した。

 市内から子どもと訪れた三森由希子さん(36)は、昨年3月に広島県から夫のふるさとである延岡に引っ越してきたといい、「名前は聞いたことがあるが、まだ行ったことがない」と、興味深そうに生徒や先生の話に耳を傾けていた。

 2年生の西田貴代さんは「準備は大変だったが、きょうを楽しみにしていた。お客さんも笑顔で受け取ってくれてうれしかった」と話していた。

 担任の宮田英史教諭によると、日頃から積極的に動く生徒が多く、1時間弱で用意した袋230セットすべてを配り終えた。

その他の記事/過去の記事
page-top