【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

浮輪代わりにランドセル

本紙掲載日:2019-07-04
3面
ランドセルが水に浮く事を学ぶ子どもたち

水難事故防止の特別教室−ターザンSC

 水難事故が増える夏休みを前に「水難事故ゼロのまち」を目指して、延岡市浜町のターザンスイミングクラブ(塚元博文代表)は1日から7日まで、「水難事故防止・特別水泳教室」を開いている。

 毎年この時期に無料で開催しており22回目。市内在住の幼児から小学6年生が対象。今年は延べ1350人が受講を予定している。

 教室では溺れている人を発見した時や溺れた時の対処法、水難事故防止に関する知識などを紙芝居で説明した。

 その後、実際にプールに移動して、事故を想定して訓練を行った。常時装着しているゴーグルを外して泳ぐ体験では、目を開けられず悪戦苦闘。日ごろと違う状況の怖さを経験した。

 ペットボトルやランドセルを浮き輪代わりに使う方法、浮き輪やペットボトルの上手な投げ方の実習もあった。

 自分が溺れそうになった時、ペットボトルやランドセルを下から静かに抱きかかえれば、沈まない事を体験。空のペットボトルはうまく飛ばないため、少しだけ水を入れて、その重みで遠くまで正確に投げられる事を学んだ。

 岩下洋通支配人は「川や海など水のそばには、常に危険が潜んでいる事を認識してほしい。子どもたちだけで海や川などに行かない。水難事故に遭遇したら大声で助けを求めるなど最善な対応を学んで事故防止につながれば」と期待を込めた。

 岡富小学校2年の中田純平さんは「ペットボトルの持ち方や上手な投げ方など勉強になった。海や川で溺れないための練習をして安心した」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top