【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域と学校が連携して教育

本紙掲載日:2019-07-02
6面
昔ながらの田植えを体験した5年生
保護者から仕事内容を聞く6年生

一ケ岡小児童が田植え、キャリア学習

 延岡市一ケ岡小学校(大澤津雄作校長、262人)では6月22日、5年生50人が田植えに挑戦、6年生51人がキャリア教育を受けた。ともに地域・保護者と学校が連携して指導した。

 田植えは、食の大切さや農作業の苦労などを学ばせようと、総合学習の一環で初めて行った。田んぼ(約4アール)=同市下伊形町=と苗は、同町の農事組合法人「いがた」が提供。同小の保護者でつくる支援ボランティア「ゆうゆう会」とJA延岡が協力した。

 児童は、いがたの盒鏡菊鸛塙臘垢ら指導を受けながら、田植え綱に沿って一列に並び、約25センチ間隔の目印付近に丁寧に植えた。

 苗は列ごとに本数を変えて植え、株分かれの様子を定期的に観察するという。機械による田植えや代かきも見学した。

 田植え後、児童を代表して黒木一治朗さんが「準備や指導、ありがとうございました。良い経験ができました」とお礼を述べた。

 6年生のキャリア教育は、将来の職業や進路選択に役立ててもらうことが目的。児童の保護者の保健師、消防士、言語聴覚士ら5人が講師を務めた。

 講師は会場内の5カ所に分かれて待ち、児童が班ごとに回って話を聞く方式。5人はそれぞれの仕事内容、やりがい、苦労、必要な資格などを説明した。児童は盛んに質問をしていた。

その他の記事/過去の記事
page-top