【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

牧水歌集のハジマリとヲハリ展

本紙掲載日:2019-07-01
7面
企画展「15の歌集ハジマリとヲハリ」展で解説する荒砂正伸さん

記念文学館で開催中−日向市東郷町

◆巻頭と巻末の2首を味わう

 日向市東郷町坪谷の若山牧水記念文学館(伊藤一彦館長)は、「15の歌集ハジマリとヲハリ」と題した企画展を開いている。牧水が出版した歌集15冊の巻頭歌(かんとうか)と巻末歌(かんまつか)を、各歌集の序文と、出版当時の牧水の写真と共に展示している。9月29日まで。

 第1歌集「海の声」は1908(明治41)年に出版。第15歌集「黒松」は没後10年の38(昭和13)年に発行された。最初に登場する巻頭歌は、その歌集の世界観を示すもので、作者の強い思いが込められている。最後の巻末歌も歌集をまとめる大切な役割を持っているとされる。

 同文学館収蔵の歌集と、内藤記念館が寄託を受けたものなど遺墨2幅も展示されている。

 伊藤館長は「企画展開催にあたって」とする一文の中で「若山牧水も巻頭歌は、その一巻を象徴する秀歌を選んでいる。優れた歌人の一巻は、巻頭歌と巻末歌の2首を読むだけで全体の内容を想像することができるのである。牧水の巻頭歌と巻末歌をじっくり味わってもらいたい」と勧めている。

 同文学館職員の荒砂正伸さんは「それぞれの歌集が持つ色の違いに、牧水の心境や表現方法の変化が見えてくる」と話し、多数の来場を呼び掛けている。

 開館は午前9時〜午後5時(入場は同4時30分まで)。休館日は毎週月曜(祝日を除く)。

 入場料は高校生以上300円、小中学生100円(20人以上で団体割引があり、高校生以上240円、小中学生80円)。

 問い合わせ先は、同文学館(籠向68・9511、ファクス68・9512)。

その他の記事/過去の記事
page-top