【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県北最大の観光物産展「のぼりざるフェスタ」

本紙掲載日:2019-06-28
1面
のぼりざるフェスタ本番への意気込みを語る西村実行委員長

10月26、27日開催

◆笑顔のイベントに−実行委が発会式

 県北地区最大の観光物産展「のぼりざるフェスターTogether2019」の発会式が27日、延岡市中町の日本料理高浜であった。今年は10月26、27日に中町シンボルロード特設会場で開催。実行委員長には、昨年に続いて西村通洋さん(57)=ニシムラレンタリース=が就任し、テーマを「志!〜皆でつくろう〃新〃のぼりざるフェスタ〜」とした。

 出席した実行委員ら約30人を前に、「のぼりざる」の格好で登場した西村さんは昨年を振り返りながら「今年も会場中に笑顔があふれるイベントにしたい」と意気込みを語り、協力と団結を呼び掛け。テーマについては「令和最初の年、新しい時代の流れの中にあることから『〃新〃』とした。新たな枠組みやイベント作りを推し進めていければ」と話した。

 上田耕市大会会長は「ふだん別々の分野で仕事し、それぞれの家庭を持って生活している人たちが毎年、のぼりざるフェスタを機に集まる。出会いを実らせる貴重な場であり、ここに集った人が中心となって大勢に喜んでもらえるイベントになると確信している」とあいさつ。黒木清延岡商工会議所専務理事は「実行委は地域のリーダーを育てていく場でもある。歴代の会長、実行委員長らの思いを紡ぎながら大会を成功させてもらいたい」と激励した。

 36回目を迎える同フェスタは、地場産業や観光振興、地域活性化を目的に毎年秋に開催されている。実行委員会は7月2日の第1回以降、毎週火曜日午後7時に開く予定。現在も同委員を募集中で「社会人から学生までさまざまな人が活動しています。地域づくりに興味のある方、多くの仲間をつくり、数多くのチャレンジを成功させましょう」と呼び掛けている。問い合わせは延岡市観光戦略課内の同実行委員会事務局(電話延岡34・7833)。

その他の記事/過去の記事
page-top