【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県森林環境税在り方検討

本紙掲載日:2019-06-10
3面
県森林環境税の活用検討委員会

意識調査など取り組み−活用委

 今年度から国が市町村や都道府県に森林環境譲与税の配分を開始したのに伴い、県は「県森林環境税」の在り方について県民の意識調査や意見交換などに取り組む。6日に宮崎市で開いた同税活用検討委員会で決定した。

 県森林環境税は世帯主などを対象に年間500円を徴収し、県民参加の森林づくりや再造林支援、森林環境教育などの財源としている。

 一方、国も地球温暖化防止や防災・国土保全、水源かん養など公益的機能を有する森林整備を目的に、譲与税を創設して今年度から配分。市町村は手入れが行き届かない森林を民間と共同で整備・管理し、県が支援、担い手育成や県産材の利用拡大に当たる。初年度分のうち、県内市町村は延岡市への5300万円を最高に4億6300万円、県には1億1600万円が譲与された。

 さらに、2024年からは県と同様、国民に年間1000円の森林環境税を課税。税収は今年度の200億円から600億円まで拡大し、譲与額も33年の試算で延岡市が1億7900万円、美郷町1億4200万円などと見込んでいる。

 県税と国税の使い道は分かれているが、県はその違いや必要性などについて、県民の理解を得る必要があると判断。5年ごとに見直している県森林環境税の第4期目(21〜25年度)に向け、今年度中に県内各地区での意見交換会、県民アンケート、普及啓発強化、庁内プロジェクトチーム設置に取り組むこととした。

 佐野詔藏県環境森林部長は「税の使途や目的について県民の理解を得ながら、引き続き共有財産である森林の整備を進めていきたい」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top