【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

パワハラ・嫌がらせ−最多187件

本紙掲載日:2019-06-07
1面

県労働委員会−18年度、労働相談急増

 県労働委員会が行う労働相談の受付件数が昨年度は511件と、一昨年度の308件から1・6倍以上増加したことが分かった。相談件数は2014年の117件から右肩上がりで、昨年は当時の5倍近くに増えた。

 相談者の雇用形態は、正社員が249人、パート・契約社員など非正規社員が185人。業種別でみると、医療・福祉分野からが最も多く146件で全体の約3割。製造業49件、卸売・小売業とサービス業が43件と続いた。

 内容別件数は一つの相談で複数該当するため全体で897件。このうち、3割を占めたのが、労働条件などに関する相談の278件。内訳は労働時間と時間外労働が43件、年休に関することが41件、労働契約が39件だった。

 パワハラ・嫌がらせに関する相談は項目別では187件と最多。セクハラの17件を含めた人間関係に関するものは計204件あり、全体の2割を超えた。

 経営・人事に関する相談は174件で2割弱あり、うち退職に関するものが106件あった。

◆6月10日は労働相談の日−日曜日の9日特別に受け付け

 6月10日を「6=ろう、10=どう」の語呂合わせから「労働相談の日」と位置付けている県労働委員会は日曜日の9日に労働相談を実施する。「働くあんしんをサポート!労働相談の日」と題し、受付時間は午前9時から午後5時まで。「秘密厳守、無料。匿名でもお受けするので、気軽に相談を」と呼び掛けている。

 「働くあんしんサポートダイヤル」(電話宮崎0985・26・7538)で受け付けている。電話のほか、面談やファクス(宮崎0985・20・2715)、ホームページ「宮崎県労働委員会」の相談フォームからも受け付けている。

 通常は平日に相談を受け付けており、時間は午前8時30分から午後5時15分まで。

その他の記事/過去の記事
page-top