【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

思いやりの心を育てて

本紙掲載日:2019-06-06
6面
贈られた花、立て看板、人KENまもる君らと記念写真に収まる宮水小児童

宮水小児童に人権の花−日之影

 花の栽培を通して、命の大切さや思いやりを身に付けてもらおうと、日之影町は5月29日、「人権の花」運動の今年度実施校に指定された同町の宮水小学校(能美廣介校長、71人)にケイトウ、サルビア、マリーゴールドの苗約600本を贈った。

 同校体育館で贈呈式があり、能美校長は「花をたくさん頂いた。宮水小をたくさんの花と人権のある明るい学校にしたい」とあいさつ。

 佐藤貢町長は「花を育てると同時に、友達と仲良くする心や友達を思いやる心をより大きく育ててほしい」。宮崎地方法務局延岡支局の岩元和男支局長は「花にも命がある。心を込めて育てることで、命の大切さを実感してほしい」と呼び掛けた。

 佐藤町長や同町の人権擁護委員らが代表児童に立て看板と花の苗を贈呈した。6年の甲斐風河さん(11)が児童を代表して「花を育てることで、友達や周りの人をもっともっと大切にする優しい心を育てたい」とお礼を述べ、児童全員が声をそろえて「ありがとうございました」と感謝した。

 贈られた花の苗や人権イメージキャラクター「人KENまもる君」らと一緒に記念撮影した後、苗の一部を3本ずつ大きなポットに植え替えた。

 今後、大きなポットの花をプランターに、ほかを学校の花壇に植え替え、水やりなどの世話をする予定。

 人権の花運動は、1982年度から全国の人権擁護委員協議会と法務局が始めた。2007年度からは国の委託を受けた各都道府県を通じて再委託された各市町村が取り組んでいる。

 宮崎地方法務局延岡支局によると、今年度は延岡市の北川小と土々呂中、日向市の平岩小学校も人権の花運動に取り組む。

その他の記事/過去の記事
page-top