【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

聖母マリアに感謝

本紙掲載日:2019-06-05
7面
「聖母のつどい」でマリア像に花束をささげる生徒たち

聖心ウルスラ学園でつどい


 延岡市の聖心ウルスラ学園(佐田栄子理事長)は5月31日、同市緑ケ丘の同学園体育館で聖母マリアに感謝するミサ「聖母のつどい」を行った。同学園高校、同学園聡明中学校・高等部、同学園看護専攻科の生徒職員と保護者約620人が参加し、厳かな雰囲気の中、聖書の朗読や聖歌を歌って祈りをささげた。聖母月の5月に毎年行われている。

 延岡カトリック教会主任司祭のジュ・ボムス神父は「主イエス・キリストの豊かな恵みに、そして、いつも優しく見守ってくださるマリアさまに感謝しましょう」と呼び掛け、聖書を朗読。「人生は一人ではなく、出会いを通し誰かと共に歩むもの。先生や友達との出会いを大切にすることを忘れないようにしましょう」などと説いた。

 つどいの中心部分では、代表の生徒がステージ上に設けられた祭壇にパンとぶどう酒を奉納。続いて、マリア像に花束をささげた。花束は生徒が1人1本ずつ持ち寄った花で作られたもので、後日、地域の高齢者施設などにプレゼントした。また、同学園聡明中学校・高等部2年生は、韓国人のボムス神父と交流を深めるため、聖歌「君は愛されるために生まれた」を韓国語で披露した。

 初めてつどいに参加した同学園聡明中学校・高等部1年の重黒木麗(うらら)さんは「いつもの宗教の授業とは違い、とても新鮮でした」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top