【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

一ケ岡ゴルフスクールの4人が予選通過

本紙掲載日:2019-06-04
9面
黒木慎之介
森満裕貴
木村鈴菜
岩切美空

黒木、森満、岩切、木村・九州大会へ−ジュニアゴルフ

 ジュニアゴルフの全国、九州大会につながる地区予選が5月5、6日、宮崎市の青島ゴルフ倶楽部で行われた。延岡市の一ケ岡ゴルフガーデンジュニアゴルフスクール(塩屋克介主宰)に通う黒木慎之介(平岩小中6年)、森満裕貴(延岡学園高1年)、木村鈴菜(日章学園高3年)が通過。すでに出場権を獲得している岩切美空(宮崎日大高2年)と共に、7月の九州大会に出場する。

 黒木は「第13回九州小学生ゴルフ地区大会」の男子の部(36ホール・ストロークプレー、11人出場)で3位に入った。森満と木村は「第39回九州ジュニア選手権競技地区選考会」に出場。森満が15〜17歳男子の部(同、7人出場)で優勝し、木村が15〜17歳女子の部(同、12人出場)を4位で通過した。

 岩切はこの日、「2019年度国体女子選考競技」(36ホール・同、最終予選16人出場)で2位となり、9月の国体(茨城県)の切符を獲得。木村はまた、5月14〜16日に熊本県の阿蘇大津ゴルフクラブで行われた「第49回九州女子選手権競技」(54ホール・同、76人出場)で6位に入り、25〜28日に愛媛県で行われる日本女子アマチュア選手権に初参戦する。


◇昨年の経験生かし全国へ−黒木慎之介
(初日85、2日目79のトータルスコア164で3位通過)
「去年は優勝だったので、3位は悔しい。初日はショットが乱れた。2日目は開き直ってプレーして、ショットもパターも安定した。2日目の気持ちで初日から臨めば良かった。九州大会はフェアウエーをキープして、うまくパターにつなげたい。昨年の経験を生かして、全国大会を目指します」


◇全国で有力選手と戦いたい−森満裕貴
(初日76、2日目70のトータルスコア146でトップ通過)
「高校生として初の大会で、1日目はスコアを崩した。2日目はインとアウトを35で回れ、練習の成果が発揮できた。他校の先輩と戦い、優勝することができて自信が付いた。九州大会も突破して、全国大会で有力選手と戦いたい」


◇予選通過し3位以内に−木村鈴菜
(初日78、2日目75のトータルスコア153の4位通過)
「去年は県予選で敗退したが、今年は部活で回っているコースなので自信があった。九州大会は予選を通過して3位以内が目標。九州女子選手権(6位)はグリーンが速く、風も強い中で、日増しに好スコアを出せた。初出場の日本女子アマは楽しみ。トップアマのレベルを肌で感じてきたい」


◇自分のゴルフに徹し思いっきりプレー−岩切美空
(初日68、2日目73のトータルスコア141の2位通過、国体へ)
「初日はショットが不安定だったが、コースマネジメントとパターに助けられてバーディーを量産(6バーディー)できた。2日目は調子が上がらず、順位を意識しすぎて後半崩れたことが反省点。初出場の国体では自分のゴルフに徹して、思いっきりプレーを楽しみたい。8位入賞を目指して頑張ります」

その他の記事/過去の記事
page-top