【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

世界農業遺産認定地域の魅力を出前授業

本紙掲載日:2019-06-04
6面
中学生に農業遺産について説明する高校生
輪になって日之影町の魅力を話し合う中学生

高千穂高校から日之影中へ

 日之影中学校(伊東泰彦校長)の1年生28人は5月10日、西臼杵3町、諸塚村、椎葉村を範囲とする「高千穂郷・椎葉山地域」が認定されている「世界農業遺産」(GIAHS=ジアス)について学習した。

 講師を務めたのは高千穂高校2年の甲斐花さん(16)、佐藤翔汰さん(16)、杉田渓翔さん(17)。農業遺産認定地域の魅力や課題を探求、発信する活動をしている同高「GIAHSアカデミー」の出前授業の一環で、日之影中では初めて行われた。

 3人は中学生に映像を見せながら、棚田と長い山腹用水路、モザイク林相、焼き畑、神楽など地域に伝わる農林業や文化について説明し、「私たちにとって当たり前の暮らしが外から見るととても価値がある」と話した。

 また、教諭も加わって2班に分かれ、班ごとに「日之影町の有名な物、場所とは」をテーマに意見交換した。

 中学生からは町内に多く架かる橋、森林セラピー、ユズといった特産品などが次々に挙がった。教諭や友人が質問を重ねることで、自身が気付いていなかった地元の魅力について理解を深めていった。高校生は「今からでも地元のことに興味を持ち、ほかの人に誇れるようになってほしい」と呼び掛けた。

 甲斐航惺さん(12)は「日之影に対する見方が変わった。僕たちの世代がつないでいかなければという責任感、大切にしなければいけないという気持ちがより強くなった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top