【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

設立30周年、節目祝う

本紙掲載日:2019-06-04
2面
日向市シルバー人材センターの設立30周年記念式典
尾光一理事長から永年勤続表彰を受ける岩切秋子さん

日向市シルバー人材センター

◆信頼に応える活動を実践

 公益社団法人日向市シルバー人材センター(尾光一理事長)の設立30周年記念式典は5月31日、同市上町のホテルベルフォート日向で役員、会員ら約200人が出席して開かれ、節目を祝うと共にさらなる発展を誓った。

 式典では、物故者に黙とうをささげた後、尾理事長があいさつ。関係各位への謝意を示し、「今後も会員拡大と発注者の信頼、信用に応えるなど安全、適正就業の徹底を図ってまいりたい。社会貢献活動などの役割は、地域社会の中でますます重要になってくる。今後とも市民に親しまれ、愛されるセンターづくりを目指してまいりたい」と述べた。

 続いて、30年会員の岩切秋子さん(87)=同市財光寺=ら23人を永年会員として表彰。来賓の十屋幸平市長は「長年の経験で培われた技術や知識を生かす舞台として、さらなる会員の増強を目指してご活躍、ご努力いただけることを期待する。人生の先輩として、その豊富な知識や経験を若い世代にご教授くださり、地域づくり、人づくりの面からもご支援をいただきたい」と期待を寄せた。

 式典後には祝賀会もあり、大正琴演奏や「百舌(もず)の会」の民謡、ひょっとこ踊りが披露されるなど盛り上がった。

 この日は、記念式典を前に2019年度定時総会を開き、昨年度の事業報告と決算、役員選任など4議案をいずれも承認。今年度の事業計画と収支予算を報告した。役員選任では、監事に新たに市会計管理者兼会計課長の植野浩人さんを選んだ。

 事業計画では、「就業機会の拡大と会員の拡大」など7項目を基本方針に掲げ、”甬攘屡活動の推進安全・適正就業の推進O働者派遣事業(シルバー派遣事業)っ羇計画の推進―など七つの実施計画に取り組むとした。

 記念式典で永年会員表彰を受けたのは次の人たち(敬称略)。

▽30年=岩切秋子▽20年=黒木シトミ、河野孝子、松木千代吉▽10年=前田清利、立石スガ子、林テル子、迫畑幸一、奥田悦子、馬込基子、三浦孝文、仲幸、青柳ミサ子、増田計、児玉英久、飯塚次男、井上逸男、黒木貞夫、荒砂アサ子、甲斐美恵子、赤野アグル、堀田正義、中川與一

その他の記事/過去の記事
page-top