【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

買い物体験で食に関心−マルイチ大門店

本紙掲載日:2019-05-31
2面
買い物体験を楽しむ子どもたち

幼稚園児対象に食育教室−延岡

 地域のスーパーマーケットで野菜や果物に触れながら食への関心を高めてもらう体験型プログラム「5ADAY(ファイブ・ア・デイ)食育教室」がこのほど、延岡市大門町のマルイチ大門店(那須新二店長)であった。同市昭和町のえほんの森幼稚園(鈴木康二園長)から年長児13人が店を訪れ、買い物やクイズなどの体験を通してバランスの良い食事を取ることの大切さを学んだ。

 このプログラムは、「1日に5皿分(350グラム)以上の野菜と200グラムの果物を食べよう」をスローガンに活動する一般社団法人ファイブ・ア・デイ協会の取り組みの一つ。

 県内でスーパーマーケットを展開するマルイチ(本社・日向市江良町、高木大社長)は、同協会に加盟しており、外部からの講師を招いて園児や小学生対象の食育教室を実施している。

 この日は、野菜ソムリエの持田成子さん(熊本市)が講師として招かれ、園児はアニメーションで正しい食生活について学んだり、食べ物が働きによって三つの色の食品群に分けられることなどを確認した。

 この後、3班に分かれて売り場へと移動し、「緑のもの」「中身が同じ色のもの」「実のあるもの」「好きな野菜か果物」のルールに従って買い物を体験。先生や友達と話し合いながら食材を選んだ。

 同園では毎年、年長児が食育教室に参加。鈴木園長によると、体験を通して園児に「嫌いな食べ物でも頑張って食べよう」という気持ちが芽生えているという。

 同社の睫攣饂匱萃役総務課長は「野菜を好きになるきっかけとして効果的なプログラム。ぜひほかの園、小学校でも年間の行事に組み込んでほしい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top