【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

東郷学園に鮫島哲也賞−日向東RC

本紙掲載日:2019-05-30
2面
左から職業奉仕賞を受賞した松葉藤吉さん、山村会長、鮫島哲也賞を受賞した東郷学園の下り藤正校長(左から)

職業奉仕賞・「平兵衛さんの会」の松葉さん

 日向市の日向東ロータリークラブ(日向東RC、山村健司会長、28人)は28日に開いた創立記念夜間例会で、観光ボランティアガイド「平兵衛さんの会」会長で市観光協会長も務める松葉藤吉さん(74)に「職業奉仕賞」、東郷町の小中学一貫校、東郷学園(下り藤正校長、146人)に「鮫島哲也賞」をそれぞれ贈った。

 日向東RCは、1975年の創立で今年44年目。毎年この時期に創立記念例会を開き、職業奉仕賞や社会奉仕賞などを贈っている。4年前の創立40周年記念式典で、故鮫島哲也パストガバナーの功績と遺志を継承しようと「鮫島哲也賞」を新たに創設。文化やスポーツ振興に努めた教育団体などを表彰している。

 松葉さんは、貸し切りバスや旅行事業を展開するハッコートラベル(同市日知屋)を経営する傍ら、観光客に郷土の自然風土や歴史文化などを紹介する「平兵衛さんの会」を2003年に結成。市内外から訪れた人たちを懇切丁寧なガイドでもてなしている。

 東郷学園は、地元の坪谷出身の国民的歌人若山牧水を顕彰しようと、登校時の牧水短歌の朗詠ほか、短歌集会や校内牧水かるた大会を開催。郷土の文化、伝統の継承に取り組んでいる。

 同市伊勢ケ浜のはまぐり荘で開いた例会で表彰式を行い、山村会長は「松葉さんたちの活動は、ロータリークラブが掲げる職業奉仕の精神を体現している。東郷学園は短歌を通じて郷土の文化や伝統の継承に貢献している」などと受賞者を紹介し、表彰状を手渡した。

 松葉さんは「身に余る賞をいただき感激している。(会が)発足して18年。賞に値する活動ができているか分からないが、いろいろな勉強をさせてもらいながら、市の観光に少しでも役立つことができればありがたい」。下り藤校長は「子どもたちが当たり前のようにやっていることが、このような形で評価されることをうれしく思う。これを機に若山牧水の短歌に触れながら、ふるさとを大切に思い、愛する子どもたちを育てていきたい」と謝辞を述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top