【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大人気、高千穂峡貸しボート

本紙掲載日:2019-05-08
3面
連休中の高千穂峡のにぎわい。真名井の滝を眺めながらの貸しボートが気持ちよさそう

1日400組−営業時間拡大で対応も

◆2日、最長待ち時間9時間半−朝に整理券、乗船は午後5時半

 史上最長10連休となったゴールデンウイーク(4月27日〜5月6日)の期間中、各地の観光地は多くの人でにぎわったが、中でも高千穂町の名所である高千穂峡のボートは大変な人気ぶり。今月2日は何と9時間半というこれまでにない待ち時間を記録した。

 連休中の貸しボート営業時間は、午前7時半から午後6時。今回初めて整理券を作成して配布したが、2日は営業開始後、30分もたたない午前7時52分に整理券配布を終了した。

 高千穂町観光協会の担当者によると、先頭の人は、同日午前1時30分から並び、近くの駐車場で車中泊をして明け方から並ぶ人もいたほどだった。このため、営業開始からすぐの打ち止めになったという。

 待ち時間が最大9時間半というのは、午前8時前に整理券を受け取った列の最後尾の人が乗る時間が最終受け付けの午後5時30分になるためだった。

 こうしたゴールデンウイーク中の人気を想定して同観光協会は、通常の営業時間を前後1時間ずつ拡大。さらに最大約400組がボートに乗れるように対応した。連休開始から1日までは、同協会の職員らが待っている人に、事前調査をして人数を把握。ところが、その間にも次々と人が並んでしまうため、2日から5日は作った整理券を並んでいる人に配った。

 配布が終わると、それ以上に並ばないように説明。整理券を受け取った人はそれぞれが受け付けをして順番を待ってボートに乗った。

 ある程度は予想していたとはいえ、これまでにないほど乗船希望者が集中したことで、同観光協会関係者も改めてびっくり。担当者は「今年は例年以上に人が多かった。現段階としては、今後も整理券を配布する形で対応したい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top