【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

和やかにコンサート−ハッピーバリー

本紙掲載日:2019-05-06
7面
「春のチャリティーコンサート」で歌う大神代表

 インド国際子ども村ハッピーバリー(大神のりえ代表)の「春のチャリティーコンサート」が4月29日、延岡市のアートホールmimoza(元岩田歯科)で開かれた。約70人が来場し、声楽にも取り組んでいる大神代表(ソプラノ)らの歌を楽しんだ。

 和やかな雰囲気の中、大神代表は児玉裕子さん=宮崎市=のピアノ伴奏で独唱。「この道」「花の街」に続き、作曲者が異なる2曲の「さくら横ちょう」など全9曲を優しく歌い上げた。郷土の歌人・若山牧水にちなみ、牧水に詳しい九鬼勉さん=延岡市=を解説者に迎えた「白鳥の歌」「うす紅に」の披露もあった。

 また、児玉さんが姉の平野節子さん=宮崎市=、めいの立元友美さん=同=の3人でつくる音楽グループ「JoyFamily」も出演し、ピアノと歌の美しいハーモニーで魅了した。

 ハッピーバリーは毎年夏休みに合わせ、インド南部のハッピーバリーを拠点に、現地の子どもたちと交流する「平和キャンプ」を行っており、この日は、昨年参加した3人のうち、新名眞虎さん(岡富小5年)と松本慶照さん(南小5年)が体験を報告した。

 2人は写真をまとめたパネルを見せながら、インドの宮殿でラクダに乗ったり、現地の子どもたちと一緒に縄跳びをしたり、シタールというインドの弦楽器に触れた思い出などを語った。

 コンサートは例年、祝日の4月29日(昭和の日)に開かれており、会費はハッピーバリーの活動資金に充てられる。

その他の記事/過去の記事
page-top