【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

土々呂が3位入賞−男子団体

本紙掲載日:2019-05-01
9面
団体3位の土々呂男子

九州中学選抜卓球大会

 九州中学選抜卓球大会(熊本県卓球協会主催)は4月20、21日、熊本市総合体育館であり、男子団体で土々呂が3位に入った。個人では男子シングルスの肥田木真が16強、女子ダブルスの田端結那・津島亜美ペアが8強入りした。

 大会は団体に男子33チーム、女子が32チーム出場。個人戦ではダブルスに男女各31ペア、シングルスに男女各160人が参加し、トーナメント戦などで優勝を争った。

 結果は次の通り。

【男子】
[団体]
▽予選リーグEパート
‥據肱ぃ仮

▽決勝トーナメント2回戦
土々呂3―1加津佐(長崎)

▽準々決勝
土々呂3―1小川(熊本)

▽準決勝
明豊(大分)3―0土々呂

▽順位
〔惜E據肱

[シングルス]
▽1回戦
黒瀬弘泰(土々呂)3―1藤崎(鹿児島)

▽2回戦
肥田木真(土々呂)3―0西野(大分)、渡邊(熊本)3―0山田晴也(土々呂)、高橋(大分)3―0黒瀬、池部(大分)3―2齋藤快樹(土々呂)

▽3回戦
肥田木3―2八色(長崎)

▽4回戦
肥田木3―0濱田(鹿児島)

▽5回戦
古閑(福岡)3―0肥田木

[ダブルス]
▽1回戦
工藤遥斗・佐藤理央(土々呂)3―1原田・實松(大分)

▽2回戦
橋本・桑原(熊本)3―1工藤・佐藤

【女子】
[団体]
▽予選リーグFパート
土々呂1勝1杯

▽決勝トーナメント1回戦
土々呂3―0小浜(長崎)

▽2回戦
明豊(大分)3―0土々呂

[シングルス]
▽1回戦
村田(長崎)3―2黒木愛子(椎葉)

▽2回戦
甲斐瑞季(土々呂)3―0吉富(佐賀)、椎葉なな(椎葉)3―0冨田(鹿児島)、堀野琴未(土々呂)3―0安田(鹿児島)、久保(熊本)3―2廣瀬ななみ(土々呂)、楠本実柚(土々呂)3―1中村(熊本)

▽3回戦
甲斐3―0末竹(福岡)、梅木(大分)3―0椎葉、田畑(沖縄)3―0堀野、楠本3―0宮後(鹿児島)

▽4回戦
梅木3―0甲斐、高村(福岡)3―1楠本

[ダブルス]
▽1回戦
田端結那・津島亜美(土々呂)3―0北川・水田(佐賀)

▽2回戦
田端・津島3―0梅木・杉

▽3回戦
稗・長尾(大分)3―2田端・津島


◇中体連の目標は県優勝−山田晴也(主将・3年)
「直前まで調子が上がらず雰囲気も悪かった。九州8強入りを目標に設定し、練習メニューや時間の使い方などを全員で話し合い、大会に臨んだ。予選は1位通過したが苦戦した。決勝トーナメントでは、試合ごとに全員の声が出るようになり、流れとムードが良くなって準決勝まで勝ち上がれた。中体連の目標は県優勝。1点、1セットを確実に取れるようチーム一丸となって努力していきたい」

◇エースの自覚を持って−肥田木(男子単16強・3年)
「強化しているバックハンドに、ミスも出たが収穫もあった。相手の細かい技術で、ペースを乱された事が悔やまれる。目標は県大会優勝。エースの自覚を持って、技術と確実性を高め、常に攻めるスタイルを実践したい」


◇切り替えの大切さ学んだ−田端・津島ペア(女子複8強・3年)
「ペアを組んで初めての大会。緊張してミスが多かった。あと一歩で負けた準々決勝で、気持ちの切り替えの大切さを学んだ。県中体連の目標は団体優勝。サーブから展開する3球目を打てるように練習して、確実に得点につなげたい」

その他の記事/過去の記事
page-top