【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

臨床研修前に合同実習

本紙掲載日:2019-04-04
2面
合同実習に励む新人研修医ら

県内の研修医62人

◆基礎的な技術をおさらい

 4月から臨床研修に入る新人研修医の合同実習が2日、宮崎大学医学部の臨床技術トレーニングセンターであった。県内の基幹病院8施設から研修医62人(医科57人、歯科5人)、うち県立延岡病院からも医科2人が参加。指導医や先輩研修医の指導で、グループごとに実習器具を用いての縫合や採血、心電図、注射など基礎的な技術を再確認した。

 必要な実技の標準化や安全安心な医療の提供、病院の枠を超えた技術向上や交流を図ろうと、宮大医学部単独で続けていた実習を平成28年から拡大。今回から県臨床研修・専門研修運営協議会が主催し、初めて県内すべての基幹病院がそろった。

 延岡病院で研修する大久保友貴さん(同大医学部出身)は「実際に患者さんと接することになるので、相手の負担にならないようにしっかりとおさらいしたい」と話した。

 将来の医師確保につなげようと、県内では研修医を受け入れる病院が広がりつつあり、「何とか減少傾向は脱した」と同医学部付属病院卒後臨床研修センター長の小松弘幸医師。県内を研修先に選ぶ医師は16〜23年度の年平均38人から今年度までの8年間は同53人と増え、県は同80人を目標にさらなる受け入れ環境の充実を目指している。

 小松医師は「臨床医を確保することで専門医が残り、そこで初めて県民が望む医療の質が提供できる。しっかり根付かせていかなければいけない」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top