【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「令和」新元号決定に祝福の声

本紙掲載日:2019-04-02
1面
新元号「令和」の決定を知らせる電光掲示板(1日午後0時11分ごろ、延岡市役所)

「今っぽくて格好いい」

 1日、新しい元号が「令和」に決まった。市民からは「新たな時代のスタート」「平和になってほしい」など、新元号への期待や平成への感謝の言葉が聞かれた。印鑑店には平成から令和への修正に関する問い合わせや注文が入るなど、5月1日の改元に向けて動き出した。


□新たなスタート

 この春に宮崎市から延岡市に引っ越してきた澤利佳子さん(42)は、手続きのために訪れた市役所で小学校に進学する娘と小学3年になる息子と3人で発表を見守った。「昭和から平成のときは暗いイメージがあったけど、今回は気持ちも明るい。子どもも私もきょうが新しい出発です」と気持ちを新たにした。

 門川町加草の金丸茉亜沙さん(29)は平成生まれで「令和という言葉も元号が変わることにも違和感があります。プライベートでは今年で30代に入ります。日本だけでなく世界に飛び出してさまざまなチャレンジをしたい」と話した。

 一方で、延岡市稲葉崎町の門田博光さん(29)は「今まで平成だったので、なかなか実感が湧きませんが、令和という漢字は今っぽくてかっこいい感じがします」と、30年余り続いた平成が変わろうとしていることにまだなじみがないという人もいた。


□平和を願って

 平成時代には東日本大震災などの自然災害や悲惨な事件もあった。門川町上町の黒木雅之さん(49)は「新しい時代はそうしたものが少なく平和であってほしい」、日向市財光寺の沖田實美さん(73)は「誰もが安心・安全で心豊かに暮らせる平和な日本であってほしい」、高千穂町三田井の後藤繁次さん(70)は「和は『和む』とも言えるし、平成に続いて平和の文字が入っているのでいいと思う。日本、世界が平和になってほしい」と願った。

 同市浜砂の吉本裕幸さん(31)は、「令和」に人々が美しく心寄せ合う中で文化が生まれ育つとの意味が込められていることを知り、「暮らしにくい世の中になっていると感じている。その言葉通り、思いやりをもう一度取り戻して少しずついい社会になっていってほしい」と話した。

 延岡市東本小路のカクシン堂印章店には、元号を修正するための印鑑の予約や問い合わせが入っているという。平成改元時には、前元号を二重線で消してその上に新元号を記すタイプの印鑑の注文が相次いだ。今回も同様の「令和」印を注文する客もいるが、1日の発表を受けてから作り始めるため、できあがりは2〜3日後という。

その他の記事/過去の記事
page-top