【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

働く環境改善、非戦の決意

本紙掲載日:2019-04-01
7面
幼少期の戦争体験を語る犬童副理事長

国際婦人デーで女性のつどい

 国際婦人デー(3月8日)を祝い、平和について考える女性のつどいが同30日、延岡市の社会教育センターであり、参加した約25人が女性の権利や関わる問題についての気持ちを新たにし、戦争のない社会を次世代につなげる決意を固めた。

 主催した同実行委員会の福島カメ委員長は基調報告で、低賃金や非正規労働など女性を取り巻く状況に触れ、「社会状況を変えなければ将来の希望を持てず、結婚や育児もできない」と訴えた。

 この後、同市島浦町の塩谷五月さん(81)が、小学2年の昭和20年5月2日に学校であった空襲を振り返り「足首が皮1枚でつながった状態で学校の廊下を先輩がはっていた」「被弾した先輩の肉片が教室に散らばっていた」などと語った。

 同町出身で、子育て支援センターおやこの森の犬童紀子副理事長も「母親に手を引きずられて防空壕(ごう)に逃げ込んだ光景が忘れられない」などと、自身が3歳だったころの体験を話し「つらく悲惨な思いをしながらも立派に生きた先輩が、心を育んでくれた。これが私の保育の原点だと思う」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top