【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県議選−県北・2選挙区2人が初当選

本紙掲載日:2019-03-30
3面
初当選し支持者にあいさつする安田氏
初当選が決まり、現職の緒嶋雅晃さんと握手する佐藤雅洋さん(中央)。左は妻の利恵さん

 県議会議員選挙は29日告示され、選挙戦に突入した。県北4選挙区のうち、東臼杵郡区と西臼杵郡区の2選挙区は定数1にそれぞれ1人が立候補、ほかに立候補者がなく、無投票当選が決まった。

◆皆さんと一緒に活性化を・東臼杵郡区−安田厚生さん

 前回選挙に続く2度目の挑戦で初当選となった東臼杵選挙区の安田厚生さんは、29日午後6時40分すぎに遊説から選挙事務所に戻り、帰陣式。

 「この4年間、変わらず支えてもらったおかげで再びチャレンジできた。結果は無投票だったが重責を与えていただいたことに感謝し、今後の働きで皆さんに返したい」とあいさつした。

 昨年9月に立候補を表明。広い郡内でさまざまな意見を聞き、国道などインフラの早期整備の必要性を改めて感じたという。この日は出陣式の後、門川町と美郷町に足を運び支持を訴えた。

 帰陣式で岩佐誠後援会長は、支持者の協力に感謝し「1期ではなく2期3期と送り出したい」とあいさつ。安田さんは「課題を県政に届け、皆さんと一緒に宮崎を活性化したい」と決意を述べた。


◆重責に身の引き締まる思い−西臼杵郡区・佐藤雅洋さん

 西臼杵郡区は、自民党新人で西臼杵森林組合代表理事組合長の佐藤雅洋さん(53)が無投票で初当選を決めた。
 
告示日の29日は、高千穂町のJA高千穂地区本所前で出陣式を行った後、選挙区の西臼杵3町を遊説。立候補の届け出が締め切られた午後5時ごろ、後援会関係者らに出迎えられ、同町内の選挙事務所に戻った。

 帰陣式でマイクを手にした佐藤さんは「多くの皆さんのご協力、ご支援、ご指導をいただき、この日を迎えることができた。重責に身の引き締まる思いだ」とあいさつ。続けて、「宮崎県、西臼杵郡の代表として自分に何ができるか、何をやっていかなければならないのかを考えながら全力で取り組んでいきたい」と力強く決意を語った。

 8期目の現職で今期限りでの引退を表明している緒嶋雅晃さん(78)らも祝辞を贈り、激励した。

その他の記事/過去の記事
page-top