【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

有事に備え意識高める

本紙掲載日:2019-03-25
8面
心肺蘇生術を実践する参加者
開始式であいさつする甲斐勝吉会長
放水訓練を披露する市消防団女性消防隊「とよ姫隊」
放水に挑戦する参加者の代表
放水訓練の用水を参加者がバケツリレーで確保

笹目区で総合防災訓練−延岡

 延岡市塩浜町の笹目区自主防災クラブ(会長・甲斐勝吉区長、198戸)は17日、区内のふれあい広場で第13回総合防災訓練を開催、さまざまな訓練や講話を通し災害に備えるための意識を高めた。

 開始式であいさつに立った甲斐会長は、「この広場は高さが15・8メートルある。仮に10メートルの津波が来ても、ここだったら大丈夫。問題はここに避難した後にどうするか。防災については、自分の体は自分で守るという自助、お互いに守り合う共助が基本。このことを念頭に頑張っていただきたい。今後もこの訓練は続けていきたい」と語った。

 同訓練には、区民約120人が参加。訓練予告放送を聞いた区民らは、午前9時20分の開始式に合わせ、自宅から一時避難所の広場を目指した。

 まず、市消防団女性消防隊「とよ姫隊」の6人が可搬式ポンプによる放水訓練を披露したのに続き、参加者の代表も放水ノズルを握り挑戦。ポンプに必要な水は、参加者らがバケツリレーで協力した。

 この後、消火器訓練が行われ、火のついた天ぷら鍋にぬれたバスタオルを使って消火する方法なども紹介され、それぞれ参加者らが消火を体験した。

 会場には煙体験ハウスが設営されたのをはじめ、手作り担架やAED(自動体外式除細動器)の指導、体験も行われた。

 参加者らは、心肺蘇生術やAEDの操作などについて積極的に質問するなど、訓練に真剣に取り組んだ。最後は、給食給水班の炊き出し訓練によるおにぎりが、参加者らに配られた。

その他の記事/過去の記事
page-top