【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

小雨の中、応援にも力

本紙掲載日:2019-03-04
3面
傘を持つ保護者らに見守られながら走る男子一区の選手たち

天下一中学駅伝

◆保護者ら傘を持ち「ファイト」

 大会のリニューアル後、初めて雨の中でのレース。応援する保護者らは傘を片手に「頑張れ」「ファイト」などの大きな声援を送った。

 天候の影響で気温も低かったが、選手を鼓舞するように沿道から声援や拍手が続いた。発着点となる市役所周辺の通りには、両サイドに大勢の人が立ち並んだ。

 女子の部で優勝した大淀中保護者会の会長松本郁子さん(46)は両手にカメラと傘を持っての応援。「何より子どもたちがベストな走りができるか心配していたが、ほっとした」とうれしそう。

 滝尾中(大分)の保護者の本田裕加さん(43)は、市役所内を使わせてもらったことで、寒さをしのげたと感謝。「外は寒くて仕方なかった。子どもたちは大丈夫か心配でしたが、この雨を楽しんでいるようで良かった」

 野口記念館前で観戦していた延岡市の南中学校の保護者らは「ロードレースのコースが変わり、より応援しやすくなった。雨で大変だったけど、子どもたちが頑張っている姿を見ると元気がもらえた」と話していた。


◆クラブチームが健闘−今大会から参加可に

 今大会からクラブチームの参加を認めたことで、男女1チームずつが初参加。ともに好成績を挙げて大会に刺激を与えた。指導者は「クラブとして参加できる貴重な機会」と感謝、来年以降の参加にも意欲的だった。

 出場したのは、女子の延岡ジュニアと男子のNSAC(熊本県合志市)。延岡ジュニアは県北最上位の6位、NSACは5位と活躍した。

 全国的にも学校単位での駅伝大会がほとんど。両クラブとも駅伝の参加は初めてだった。

 延岡ジュニアの河野多美子監督は「長距離の選手はいるが、これまでは機会がなかった。今回、すぐに参加を決めた。チーム一丸となればなんとかなるのではという思いと、練習の成果を披露する場にしたかった。経験を積めて、何より結果が良くて驚いている。今後もずっと出たい」。

 NSACは創部4年目。堺大良監督は「インターネットでこの大会を知り応募した。クラブとして選手が一緒に走る機会はなく、勉強になったし、レベルが高くてすごくいい経験になった。選手には普段ない緊張感があり、刺激になったと思う。当日午前4時に熊本を出るのは大変だったが、結果も良くて満足。クラブチームを受け入れてもらえるのは本当にありがたいこと。来年も参加させてもらいたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top