【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

美しい海への思い伝える

本紙掲載日:2019-02-26
7面
自作のストラップを手にする南浦中学校の生徒
白い貝殻にカラフルなビーズが映えるストラップ。台紙には校章と「私たちはふるさとの海が大好きです。」などの言葉

南浦中学校の生徒たち

◆熊野江の貝殻でストラップ

 校区内に多くのきれいな砂浜がある延岡市の南浦中学校(白井かおり校長、8人)−−。生徒が地元海岸の貝殻で作ったストラップが話題になっている。感謝の気持ちや地域を知ってもらいたいという思いで作り、昨年の修学旅行や「生徒会サミット」で配った。「ストラップを通じて、美しい海岸や南浦中のことを知ってもらえたらうれしい」と話している。

 貝殻は生徒や教職員が学校から歩いて数分の熊野江海岸で見つけたサルボウ貝やミノ貝のもの。白で形がきれいなものを選んで拾い集めた。

 水にさらして汚れを落とし、さまざまな色の樹脂やビーズ、星形のアクセサリーなどを自由な発想で飾り付けた。貝殻の穴にひもを通し、校章や学校のホームページにつながるQRコードが記された紙を添えた。

 制作のきっかけは3年に1度全学年で行う修学旅行。お世話になるバスガイドや運転手、宿泊先の人へ何かお土産を渡そうと考えた中で生まれたアイデアだった。1人1個ずつ作り、昨年9月に広島や関西地区でプレゼントすると、とても喜ばれたという。

 その後、市教委のふるさと学習の予算を活用して約50個制作。昨年12月に行われた「生徒会サミット」で、参加した市内公立中学校の生徒会役員の生徒や校長らに贈った。白井校長によると他校の生徒も喜び、校長から「いいアイデアですね」との声が聞かれるなど反響があったという。

 ストラップを手渡した磯谷未来生徒会長(14)は「南浦中学校の生徒数は他校の1クラスにも満たないけれど、学年に関係なく仲が良く、昼休みに勉強の質問を先生にしたりするなど雰囲気がいい。ストラップをきっかけに、南浦中にも来てほしいと思った」と振り返った。

 今年度は、学校の余剰時間に熊野江海岸の清掃をする回数も増えた。白井校長は「漁業に携わる保護者もいるので、生徒たちには今後、プラスチックごみなど海洋汚染の問題にも気付いてもらえたら」と温かく見守る。

 美しくデコレーションされたストラップは、生徒がピンセットで丁寧に作業して作り上げた〃オンリーワン〃のもの。中には、考える時間も含め30分をかけた生徒もいたという。

 磯谷生徒会長は「作りながら互いに聞き合うなど自分たちのコミュニケーションが深まり、相手にも喜んでもらえて、作って良かったと思った。とても楽しかった」と笑顔で話した。

その他の記事/過去の記事
page-top