【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ミャンマー経営者らが研修

本紙掲載日:2019-02-26
1面
南中学校の生徒と交流するミャンマーの企業経営者ら(市提供)

MJC経営塾の10人−延岡

 ミャンマーの日本人材開発センター(MJC)で日本式経営を学ぶ企業経営者ら10人がこのほど、延岡市で研修した。

 経営者らは同国で食品加工、飲料製造、建設業などに携わっており、昨年11月から製造業に特化したMJCの人材育成プログラム「経営塾」を受講している。

 今回の訪日は、実際にモノづくりの現場を視察したり、日本企業とのネットワークを構築する狙い。首都圏での商談会に加え、ミャンマーとの交流が進む延岡市での研修も日程に組み込まれた。

 一行は、初日に旭化成展示センターで産業近代化の歴史や工都の成長の軌跡を学んだ後、2日目は清本鉄工と岸上蒲鉾冷蔵を視察。道の駅北川はゆまでは、高木亨輔社長から人材育成や組織マネジメントをテーマとした講義を受けた。

 また、延岡南中学校を訪問し、授業風景を見学したり、給食を共にするなど生徒と交流した。

 同行した市工業振興課によると、参加者は日本式の組織管理や人材育成の方法に関心が高く、視察先では「従業員のモチベーションを高めるにはどうすればいいか」などと熱心に質問していたという。

 延岡市とミャンマーは、平成26年1月に同市の企業経営者が同国を訪ねたのを機に交流が始まった。民間の延岡・ミャンマー友好会(清本英男会長)も発足し、MJCの研修生が同市でホームステイしたり、ミャンマー第2の都市マンダレーに交流拠点「ノベオカフェ」がオープンするなど関係を深めている。

その他の記事/過去の記事
page-top