【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「消費増税は不安」高齢者生活実態調査

本紙掲載日:2019-02-02
3面

収入・月平均11〜15万円が25%

 医療生協や年金者組合など8団体でつくる県高齢期運動連絡会(岩切八郎会長)は24日、県内の高齢者に実施した生活実態アンケートの結果を発表した。家計の中で最も負担が大きいと感じる項目、節約している項目とも「食費」で、10月に予定されている消費税増税に不安を感じている人が多かった。

 アンケートは昨年10、11月に公民館などで65歳以上の男女に協力を呼び掛けて実施し、90代までの361人が回答。主たる収入は76・7%の人が年金のみで、月平均は11〜15万円が25・7%で最も多く、16〜18万円24・3%、6〜10万円20・4%と続いた。

 1年前と現在の収入との比較は、「変わらない」が48・1%だった一方、「減った」も47・6%いた。家計負担を感じるのは、複数回答で多い順に食費240人、水光熱費168人、年金・保険料161人、医療費142人。節約しているのは食費212人、被服費203人、水光熱費178人、教養娯楽費160人、交際費136人など。

 いくら収入が増えれば家計が楽になるかの最少額を尋ねたところ、選択肢で最大額の「5万円以上」が36・2%と最も多く、次いで「3万円」が25・2%だった。

 心配なこと(複数回答)は、「健康の問題・病気や介護」の310人、「自然災害」の212人に次いで「消費税増税」が166人と多かった。同連絡会は「回答者の数は少ないが、消費税が上がれば医療費も高くなると、ほとんどの高齢者が心配している。アンケート結果は構成団体を通じて広く知らせたい」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top