【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「うっとりとした魅力」

本紙掲載日:2019-02-02
1面
牧水愛を語る穂村弘さん

若山牧水賞の受賞者・穂村さんが日向市で講演

 第23回若山牧水賞を受賞した歌人の穂村弘さん(56)=東京都=は1日、牧水の生誕地である日向市を訪れ、市中央公民館で「牧水の魅力」と題して記念講演した。

 牧水の母校・坪谷小学校の全校児童16人が短歌を朗詠。十屋幸平市長は、没後90年にあたる今年度に行った記念事業を紹介し、「牧水への理解がさらに深まり、心に残る講演会になることを期待したい」とあいさつした。

 学生時代に短歌を始めたという穂村さんは、入門書を読んで「かなしい」や「さびしい」などの言葉を使わず、別な物や出来事に託して表現するのがいい歌だと理解していたという。

 しかし、牧水は「白鳥は哀(かな)しからずや―」「幾山河越えさり行かば寂しさの―」など直接的な言葉を使っていながら歌の輝きが失われていなかった。

 穂村さんは、「われわれが普通に感じている喜怒哀楽は一時的なものだが、牧水の喜怒哀楽は永遠。白鳥がどんなに青の世界に憧れても青になれない。永遠に哀しくて寂しい。すごくつらいように思うけど、なぜか牧水の歌にはつらさは感じない。むしろうっとりした魅力がある」と評した。

 また、「縁がはの君が真紅のすりつぱをふところにして去なむとおもふ」の歌を「振られてしまった恋人に似ている友達の奥さんのスリッパを懐に入れたいという歌」と解説。

 「この歌を知った際、僕は牧水に負けたと思った。恋人の写真を懐に入れるぐらいは普通だけどスリッパは入れない。牧水恐るべし。しかも短歌にしてしまう。一方で、白鳥は哀しからずやという永遠への憧れを歌い、でもスリッパもほしい。この幅に、ますます牧水が好きになった」と話した。

 会場には短歌愛好者や市民ら約130人が訪れ、牧水愛が感じられる穂村さんの話に笑ったり、うなずいたりしながら聞き入っていた。

◆日向工高を訪問生徒と歌で交流

 講演会に先立ち、穂村さんは若山牧水賞第17回受賞者の歌人大口玲子さん(宮崎市)と日向工業高校を訪問。1年生70人が事前に作った短歌のうち、穂村さんが選んだ10首について講評した。

 「霜焼けの小さな右手包み込み守っていこうこれから先も」など、自作の歌が2首選ばれた電気科1年の窪武琉君(16)は「中学生の頃の宿題でも短歌があり、作るのは好きだった。二つも穂村さんに選ばれてびっくりしたし、しっかりと歌を読み取ってくれてうれしかった」と話した。


牧水の歌の朗詠する坪谷小学校の児童
その他の記事/過去の記事
page-top