【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

自衛隊家族会−新春研修会と懇親会

本紙掲載日:2019-01-31
2面
延岡市自衛隊家族会の研修会・懇親会
講話する吉田圭秀陸将

吉田陸将が防衛・防災語る−延岡

 延岡市出身自衛隊員の家族らでつくる同市自衛隊家族会(上杉泰洋会長)の新春研修会と懇親会が26日、延岡市祗園町のキャトルセゾン・マツイであり、会員ら約150人が親交を深め合った。

 研修会と懇親会は毎年この時期、年度最大行事として開催。今年は同会創立60周年を記念し、陸上自衛隊第八師団師団長の吉田圭秀陸将による防衛・防災講話が行われた。

 吉田陸将は「『ポスト平成』時代の安全保障」と題して登壇。〃二つの地殻変動〃とした南海トラフに代表される国内の地震活動と北朝鮮の核ミサイルを筆頭に、リーマンショック以降の中国の台頭とそれに関わる南西諸島防衛、台風や火山などの自然災害、大陸に近いことで高まる感染症リスクなど、南九州が抱える諸問題について警鐘を鳴らした。

 東日本大震災の出動経験を基に、危機管理の要諦として「リーダーシップ」「平素からの準備」「現場力」を挙げた吉田陸将は、「特に南海トラフ地震の際は宮崎の被害予想が一番高く、延岡や日向が孤立する可能性も低くない。自衛隊としても各自治体の皆さんと緊密に連携を図り、有事に備えていく」と話した。

 講話後の懇親会では、上杉会長が60周年の節目を喜び、自衛隊と市民との今後ますますの交流促進を呼び掛けた。

 出席者は同市議会の佐藤裕臣議長の音頭で乾杯し、大正琴や三味線の演奏、フラ披露などのアトラクションを楽しみながら、近況を語り合うなどした。

その他の記事/過去の記事
page-top