【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

韓国チームと交流−フォルトゥナ延岡FC

本紙掲載日:2019-01-30
9面
サッカーで交流を深めた日韓の中学生(提供写真)
両チームのスタッフ(提供写真)

「環境素晴らしく今後も」

 延岡市のサッカークラブ「フォルトゥナ延岡FC」(清水則吉代表、中学生37人)は、韓国・堤川(ジェチョン)市のクラブチーム「堤川国際サッカーセンター」との交流を深めている。今月は韓国の長い冬休みを利用して、中学1〜3年の選手22人とスタッフ4人が来日。合同練習などでお互いの技術を磨き合った。

 きっかけは昨夏、フォルトゥナの中学生が韓国に遠征したこと。そこで、堤川と練習試合。堤川が勝利したが、「もともと日本や九州地域のサッカーに興味があり、韓国では見られないトレーニングやスタイルに魅力を感じた」(ハム・ジファン監督=堤川)。

 堤川はこの時期、毎年のように日本に遠征しており、今年はフォルトゥナとの合同練習を目的に、九州へ。17日から31日まで滞在し、延岡市と隣接する大分県佐伯市を拠点に、合同練習や他チームとの練習試合を実施。フォルトゥナの選手の各自宅で1泊のホームステイも体験したという。

 29日は佐伯市総合運動公園多目的グラウンド(人工芝)で、午後7時から練習。清水代表の指導で、ドリブルなどフォルトゥナがこだわる個人技術を磨いた。

 清水代表は「韓国の選手は同じような体格でも腰が高くパワフル。うちの選手にも経験など多くの面でプラスになっている」。

 延岡にも何度も訪れたハム監督は「愛宕山展望台から見渡す景色や海は美しく、空気も食べ物もおいしかった。この時期の韓国はとても寒く、好天で素晴らしい環境だった」と感想。「夏にはフォルトゥナが韓国に来る予定で、私たちもこれからも冬にお世話になりたいと思っている。お互いが持続的に交流し、フォルトゥナが目指すサッカーを少しでも取り入れていければ」とコメントしていた。

その他の記事/過去の記事
page-top