【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県企業局が防災用品贈呈

本紙掲載日:2019-01-30
2面
県企業局から日向市への防災用品贈呈式

日向市へ発電機や投光器など

 県企業局(図師雄一局長)は29日、日向市に発電機や投光器などの防災用品を贈呈した。同局の水力発電が立地する市町に提供するもので、同日には美郷町でも贈呈式があった。

 県企業局は昭和13年、県営電気建設部として発足。昨年、80周年を迎えたことを記念し、県内10市町に防災用品を贈る「地域防災力向上支援事業」を実施している。

 この日、日向市役所で行われた贈呈式には、市側から十屋幸平市長、甲斐敏彦市議会議長、沖田實美市区長公民館連合会会長、三木修一市自主防災会連絡協議会会長、山床八十一越表区長公民館長が出席。企業局からは図師局長ら4人が訪れた。

 図師局長は、渡川発電所(東郷町下三ケ)が昭和30年に運用を開始したことなどに触れ、「安定的に発電できているのは地域の皆さんのご理解とご協力のおかげ。大規模災害が頻発している昨今、少しでもお役に立てれば」とあいさつ。

 発足80年にちなみ、約80万円分の防災用品(メガホン3台、発電機1台、毛布20枚、ハロゲン投光器20セット)の目録を十屋市長に手渡した。
十屋市長は、「市としても災害対応が喫緊の課題。ハード面は整いつつあるが、今後は市民の防災意識の向上を中心に行っていきたい。しっかりと活用させていただきます」とお礼を述べた。

 防災用品は、渡川発電所が立地する東郷町に贈られることになっており、地元越表区の山床区長公民館長は「地区の予算ではグッズに手が回らなかった。地域住民一堂感謝しています」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top