【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

演奏し続け踊り続け

本紙掲載日:2019-01-29
6面
懐かしの曲と歌、観客の踊りで熱気に包まれた森山バンドの「第4回オールディーズパーティーライブ」

森山バンド・オールディーズパーティー

 延岡市を拠点に活動する森山バンドの「第4回オールディーズパーティーライブ」が25日、同市別府町のマリエールオークパインで開かれた。懐かしの1960年代のポップスや、グループサウンズ(GS)を次々に演奏。会場の大勢のオールディーズファンが、歌や音楽に合わせてステップを踏んだ。

 森山バンドは、平成17年に一夜限りのGSバンドとして結成したが、団塊世代を中心に大きな反響があり、演奏の依頼も増えて活動が本格化。同20年には全国ナイスミドル音楽祭で九州準グランプリ、22年には審査員特別賞を受賞するなど実績を積みながら、各地でライブを続けている。

 メンバーは、森山よしあきさん(サイドギター、ボーカル)をリーダーに、森山兼博さん(ベースギター、ボーカル)、森山晴由さん(リードギター)、長友孝次さん(ドラムス)、黒木哲也さん(リズムギター、ボーカル)、橋口美保子さん(ボーカル)、工藤善太さん(キーボード)の7人。

 この日は「ファンキーモンキーベイビー」「キッスは目にして」「お嫁サンバ」「タッチ」「ダンシングヒーロー」「恋のバカンス」など約40曲を演奏。観客は料理と会話を楽しみながら、お気に入りのナンバーが始まるとステージ前に駆け寄り、汗ばみながら踊り続けた。

 市内から参加した林田邦彦さん(63)と久美子さん(63)夫妻は、これまで同ライブに複数回参加。「初めは慣れなかったが、懐かしい曲に合わせて踊ったり、知らない人とも友達になったり、ぶつかったら知り合いだったりで楽しいし、最高です」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top