【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

最重要視は「給与の高さ」

本紙掲載日:2019-01-29
1面

就職希望地選定、親の意向も大きく影響

◆県が大学生と社会人に意識調査

 県が県内外大学生や県外で働く本県出身社会人対象に行った就職に関する意識調査で、希望地選定の最重要視ポイントに「給与の高さ」を挙げ、また、保護者の意向が就職先に大きな影響を与えていることが分かった。Uターン者向けの企業情報発信不足も浮き彫りとなった。

 若者の県外流出要因などを調べ、今後の施策に反映するのが目的。県内の大学3年、短大1年、高専4年の計1595人と本県出身の県外大学3年157人、社会人は18〜49歳までの本県出身者339人から聞き取った。

 大学生は卒業後の働き場所について、「県外」が46・9%、「県内」が30・6%と希望。県内出身者に限れば「県内」が42・1%で、37・6%の「県外」を上回った。

 県外を選んだ理由(複数回答)は、「給与水準が高いと思う」が34・7%でトップ。以下、「公共交通網が整備され利便性が高い」「プライベートを楽しむ環境がある」と続いた。

 就職先を選ぶ際の重視ポイント(同)も、「給与水準」が58・6%で1位。初任給の希望額は7割以上が「全国平均程度以上」とした。

 就職活動で活用または今後活動を行う上で充実してほしいもの(同)は、いずれも「インターンシップ」が最上位だった。

 就職活動の相談者(同)は「母親」と「父親」が合わせて4割を超えた。親の意向が就職先に与える影響は、約5割が「大いにまたはどちらかといえば影響」と回答した。

 一方、本県出身社会人も現在の企業を選んだ理由と今後、転職した場合に重視するもの(複数回答)の一番に、「給与水準」を挙げた。Uターンのための条件(同)も、約5割が「県外企業と同程度の給与水準」とした。

 Uターンの意向の有無(同)は4分の1が「あり」とし、時期を「定年退職前」と答えた。一方で、県内企業の概要や求人などUターンに関する情報を見かけたかどうかについては、「ない」が7割超を占めた。

 県産業政策課は「調査結果をしっかり分析して、若者の県外流出防止対策、Uターン施策強化に生かしたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top