【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(20)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2019-01-28
8面

【平成10年7〜12月】

◇ときめきの浦城海岸
県が延岡市浦城海岸で進めていた「ときめきの浜辺づくり」が完成し、南国ムード漂う海水浴場に生まれ変わった(7月3日付)

◇上杉氏が3選果たす
参院選が行われ、宮崎選挙区は自民党の上杉光弘氏が3選を果たした。共産党の新人候補が過去最高の約11万8700票を獲得した(7月13日付)

◇椎葉村でダムサミット
ダムを持つ自治体が集う九州ダムサミットが椎葉村で開かれ、「水を通して互いが思いやる心を持つ」という共同宣言を採択した(7月20日付)

◇野田区画整理スタート
延岡市の野田土地区画整理事業の安全祈願祭があった。南方小学校を中心とする広さ約29ヘクタール。総事業費は68億円が見込まれた(7月22日付)

◇貿易コンテナ船就航
日向市の細島港に日本―韓国の定期航路としては九州最大規模のコンテナ船が就航することになり、第1便が入港した(7月24日付)

◇五ケ瀬川の再生を提言
県、延岡市、宮崎大の3者が、五ケ瀬川のアユ資源の回復を目指す管理手法を提言した。年間100トンの漁獲を目指した(7月27日付)

◇広域ごみ処理に調印
ダイオキシン対策などを目的に、延岡市と北方、北川、北浦の1市3町が広域ごみ処理協定に調印した(7月29日付)

◇島野浦で映画ロケ
戦争をテーマにした自主映画の撮影が延岡市島浦町で行われ、日の丸の小旗を手にしたもんぺ姿の主婦たちが出征を見送るシーンを再現した(7月29日付)

◇誰がこんなことを…
日向市金ケ浜で、ロープでたすき掛けに縛られたアカウミガメの死骸が見つかった。発見した人たちはあまりにむごい光景に言葉をなくした(8月7日付)

◇日向工ソフト、全国制覇
全国高校総体のソフトボール男子で日向工業が悲願の初優勝を果たした。決勝は、3月の全国選抜大会で敗れた岡豊(高知)に3―1で雪辱した(8月10日付)

◇西郷村でオオサンショウウオ
西郷村の耳川支流で国の特別天然記念物オオサンショウウオが保護された。国内の生息南限の更新につながる貴重な発見だった(8月11日付)

◇青果市場が統合
日向市の三つの青果市場を統合した新市場「日向青果地方卸売市場」が完成した。市などが出資して設立した第3セクターが管理運営した(8月26日付)

◇南郷温泉がオープン
南郷村の温泉「山霧」が神門にオープンした。百済の里づくりに取り組む村が、観光客を誘致する中核施設として建設した(9月4日付)

◇県総合武道館が完成
県が宮崎市熊野に建設していた総合武道館が完成した。柔道、剣道、弓道場など8棟からなり、九州有数の規模を誇った(9月9日付)

◇牧水の未発表歌見つかる
若山牧水が友人に宛てた書簡に未発表の短歌4首が含まれていることが分かった。旧制延岡中に在学した17、18歳ごろの詠草とみられた(9月17日付)

◇JICA職員撃たれる
延岡市出身の国際協力事業団(JICA)職員が、派遣先のタンザニアで強盗に襲われ、短銃で撃たれて亡くなった(9月19日付)

◇西臼杵森林組合が発足
高千穂、日之影、五ケ瀬町の3つの森林組合が合併し、西臼杵森林組合が発足した。出資金、素材取扱量共に県内1位の規模となった(10月1日付)

◇大瀬大橋が開通
大瀬川をまたいで延岡市大貫―古城町間を結ぶ大瀬大橋が開通した。総事業費約50億円。市街地の交通事情の改善にもつながった(10月9日付)

◇国道326号全線開通
北川町の国道326号八戸トンネルが完成し、同町熊田―大分県三重町間の延長38・6キロが全線開通した。延岡―大分市間が国道10号より約40分短縮された(10月12日付)

◇日向市で竜巻発生
台風10号が県内を縦断し、日向市細島では竜巻が発生した。民家4棟が半壊、1人がけがをした。北川町では73棟が浸水被害に遭った(10月19日付)

◇南郷村で幻のキノコ
キノコの一種で世界的に珍しいキリノミタケが、県北で初めて南郷村の山林で発見された。国内の北限記録を更新した(10月22日付)

◇財光寺中が金賞
全日本吹奏楽コンクール中学の部で、初出場の日向市財光寺中が金賞を受賞した。7年目の挑戦でたどりついた夢舞台で大きな結果を残した(10月26日付)

◇北川町で全国川サミット
北川町で全国川サミットがあり、講演などを通して川との共生の在り方を考えた。全国から一級河川と同じ名前を持つ17市町村が参加した(10月31日付)

◇新国保病院が落成
五ケ瀬町が三ケ所の中央公園に建設していた国保健康保健病院が完成した。平成9年8月から新築工事に着手していた(11月7日付)

◇しし座流星群フィーバー
しし座流星群が極大となり、延岡市の長浜海岸など観測スポットは33年ぶりの天体ショーを見ようという大勢の人たちでにぎわった(11月18日付)

◇彫刻がなくなった
日向市の日向岬グリーンパークで開かれていた現代彫刻展で、展示していた彫刻の一部がなくなっているのが分かった。市は日向署に被害届を出した(11月24日付)

◇心の杜が完成
門川町の福祉健康交流研修センター「かどがわ温泉、心の杜(もり)」が完成した。温泉の源泉を利用し、入浴施設や体育館、プールなども備えた(11月26日付)

◇藤崎選手、近鉄が指名
プロ野球のドラフト会議で近鉄に5位指名された延岡市土々呂中出身の藤崎紘範投手(宮崎第一高)が、学校で球団スカウトの訪問を受けた(11月27日付)

◇子どもだんじり復活
延岡市春日神社の秋季大祭に子どもだんじりが40年ぶりに復活することになった。恒富町区と公民館が中心になって計画した(12月4日付)

◇アジア大会、メダルラッシュ
アジア大会女子マラソンで延岡市西階中出身の甲斐智子選手(鹿児島神村学園―京セラ)が2時間35分1秒で銅メダルを獲得(12月7日付)。柔道男子66キロ級で中村行成選手(旭化成)、100キロ超級で篠原信一選手(同)が金メダルを獲得した(12月8日、同11日付)。陸上男子1万メートルでは旭化成の高尾憲司選手が金メダルに輝いた(12月14日付)

◇高速のつち音響いた
国道10号延岡道路の起工式が延岡市石田町であった。県北初の高規格道路で、高速道路がいよいよ現実のものとなった(12月11日付)

◇南浦沖にジョーズ
延岡市南浦沖の大型定置網に全長4メートル、胴回り2メートルもある巨大なホオジロザメが入り、「まるで映画のジョーズ」と漁師を震え上がらせた(12月12日付)

◇九州保健福祉大を認可
文部省は、学校法人高梁学園が延岡市に開学を予定している九州保健福祉大の設置を認可した。開学が正式に決まり、市はくす玉を割って祝った(12月22日付)

◇旭陽会合唱団が銀賞
全日本合唱コンクールが行われ、職場の部に出場した旭化成旭陽会合唱団が銀賞に輝いた。全国大会出場23回目にして初の栄誉だった(12月24日付)

◇都農―門川に施行命令
東九州自動車道の都農―門川間34キロに施行命令が出された(12月25日付)。くす玉開披やちょうちん行列など祝賀ムードに包まれた延岡市では、早期完成に向けて運動の継続を誓い合った(12月26日付)

(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)


その他の記事/過去の記事
page-top