【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

琴恵光関、来場所に期待

本紙掲載日:2019-01-28
3面
琴恵光関の千秋楽の取組を見守る父・正倫さんら(延岡市山下町のちゃんこ松恵)

両親、後援会「よく頑張った」

 大相撲初場所千秋楽の27日、琴恵光関の実家・延岡市山下町のちゃんこ松恵では、父の正倫さんと母・多美さんと延岡後援会関係者らが、勝ち越しを掛けた一番を見守った。

 午後4時すぎ、琴恵光関が登場すると、土俵上の所作から一挙手一投足に釘付け。勝負はすぐに決着が付き、残念ながら7勝8敗と勝ち越しで再入幕の場所を飾ることはできなかった。

 ただ、新入幕だった昨年7月場所(3勝12敗)とは違って、勝ち星数も増え、内容も成長の手応え。正倫さんは「昨年の7月場所とは全然違う。負け越しではありますが、7番勝ったことで、体力的にもほかの幕内力士と遜色ないと感じました。この位置でこの成績は二重丸ではないけど、丸はあげたい」「勝ち越すのが理想ですが、それは本人も分かっているはず。相手に合わせるよりも先手必勝で、先に自分の形をつくる。右差しを取れるスピード相撲を心掛けていけば、幕内でも通用すると思っています」。

 15日間をはらはらしながら過ごした多美さんも「よく頑張りました。十分に奮闘してくれたと思います。初日から落ち着いていたし、体力的にも精神的にも一回り強くなった印象で、それだけでも成長したかなと思っていました。幕内で相撲を取ることなんて考えたこともなかったけれど、毎日けがもなく相撲を取ってくれたことが幸せです。来場所に向けて本人も頑張ると思います」と振り返った。

 延岡後援会の稲田義美会長は、場所後、琴恵光関と電話で話し激励。「今場所は、よくやったと褒めていい。ただ、周りの力士が大型なので、体格をさらに大きくする必要があることは本人も自覚しています。立ち合いについても、佐渡ケ嶽親方から細かくアドバイスを受けているそうです。来場所はさらに鍛え上げて、活躍してくれることを期待しています」と今場所の労をねぎらい、来場所に期待した。

その他の記事/過去の記事
page-top