【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県北平成の30年」(19)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2019-01-24
8面

【平成10年1〜6月】
◇サケガシラが市場に
日本近海では珍しいフリソデウオ科の「サケガシラ」が延岡魚市場に持ち込まれた。全長約2・7メートルあり、市内のスーパーが展示用に購入した(1月6日付)

◇延岡駅前整備始まる
JR延岡駅前広場の整備工事が始まった。電線地中化や霧噴水、歩道整備などが計画された(1月12日付)

◇須美江バイパス開通
国道388号熊野江トンネルが完成し、延岡市須美江−北浦町下阿蘇間の須美江バイパスが全線開通した(1月16日付)

◇辻広場に2代目ケヤキ
延岡市中央通交差点の辻(つじ)広場に2代目のケヤキがお目見えした。市内の公園から移植した。先代は台風で枯れていた(1月21日付)

◇鞍岡で35センチの積雪
県北の山沿いを中心に雪が降り、五ケ瀬町鞍岡で35センチ、高千穂町で10−15センチの積雪となった。平野部の日向市でもめったに見られない銀世界が広がった(1月23日付)

◇桜井氏、再選果たす
延岡市長選挙が行われ、現職の桜井哲雄氏が再選を果たした。新人との一騎打ちも盛り上がりに欠け、投票率は49・24%と過去最低だった(1月26日付)

◇ジャンプ台に延岡の技術
長野冬季五輪で使用される白馬ジャンプ台の設計・製作に延岡市の清本鐵工が携わった。日の丸飛行隊の活躍を延岡の技術が支えた(1月28日付)

◇着工したばかりで…
北川町の温泉開発でボーリング工事を請け負った東京の企業が自己破産を申請、事実上倒産したことが分かった。掘削に着工したばかりだった(2月5日付)

◇クジラ博士の夢かなう
「クジラ博士」として知られ、平成8年に65歳で亡くなった奈須敬二さんの自宅庭に若山牧水の歌碑が建立された。奈須さんの遺志を知った友人らが募金を呼び掛けた(2月9日付)

◇新築移転で診療開始
北方町が健康福祉センター隣に新築していた診療施設が完成し、公設民営型の北方医院として診療を始めた(2月17日付)

◇大学の完成予想図公表
延岡市は、九州保健福祉大の起工式を前に完成予想図を公表した。南国の大学らしく、屋根を波形にした斬新なデザインとなった(2月25日付)

◇神戸航路廃止を通告
マリンエキスプレスが、日向市細島−神戸航路を5月末で廃止すると県、日向市に伝えたことが分かった。利用客の減少で赤字が拡大していた(2月27日付)

◇防波堤壁画に待った
門川町内の小学生が防波堤に描く壁画に対し、県が屋外広告物条例違反で中止を申し入れていることが分かった。一方、県は壁画制作に補助金を支出していた(2月27日付)。松形知事は県議会で壁画を容認する考えを示した(3月9日付)

◇県境に風穴開く
北川町上赤−大分県宇目町間の国道326号に桑の原トンネルが開通した。旧道に比べ、県境越えが大幅に時間短縮された(2月28日付)

◇県境の守りに応援協定
高千穂、日之影両町は、県境で発生する山岳事故や山林火災などに備え、大分県の竹田広域消防組合と応援協定を結んだ(3月5日付)

◇都市型ホテルオープン
延岡市内で初の都市型ホテルが同市紺屋町に完成し、行政や経済関係者ら約700人を招待してオープン式典があった(3月12日付)

◇若山旅人さん死去
若山牧水の長男で短歌雑誌「創作」顧問の若山旅人氏が亡くなった。84歳。本県を訪れたのは、前年1月の第1回牧水賞表彰式が最後となった(3月14日付)

◇360度のパノラマ
門川町の遠見半島に展望台が完成した。延岡市街地から門川町、日向市と360度のパノラマが楽しめた(3月20日付)

◇KONNE大反響
県のアンテナショップ「KONNE(コンネ)」が東京・新宿にオープンし、特産品を買い求める客で初日から大にぎわいとなった(3月23日付)

◇延学女子、2回戦敗退
春高バレーの2回戦が行われ、延岡学園女子は氷上(兵庫)にセットカウント0―2で敗れた(3月23日付)

◇鉄道高架に期成会
JR延岡駅周辺の鉄道高架を目指す期成会が発足した。国の補助採択基準を満たしておらず、高いハードルに挑むことになった(4月4日付)

◇高千穂温泉館完成
高千穂町が三田井に建設していた高千穂温泉館が完成した。温水プールに続き、保養ゾーンに計画されていた全ての施設が完成した(4月15日付)

◇トナカイが山村留学
宮崎市のフェニックス自然動物園で飼われていたトナカイが、五ケ瀬ハイランドスキー場に〃山村留学〃することになった。暑さに弱く、スキー場が避暑地に選ばれた(4月18日付)

◇宙づりのハトを救助
たこ糸で足に空き缶を結び付けられたハトが延岡市で見つかり、市消防署が木の上からはしご車で救助した。悪質ないたずらと見られた(4月22日付)

◇4回目の車いす登山
体の不自由な人たちが祖母山に登る「車いす登山」があり、障害者20人が約240人のボランティアのサポートで山頂を目指した(4月27日付)

◇海水プールなど完成
北浦町が下阿蘇海岸に建設していた海水健康プールとレストラン「海鮮館」が完成した。日豊海岸の新たな名所となった(4月30日付)

◇もくみの製材工場完成
西臼杵郡3町と森林組合などが出資した第三セクター「もくみ」の製材工場が、日之影町七折に完成した。年間4億円の売り上げを見込んだ(5月7日付)

◇増水でも沈まない橋開通
北川をまたいで北川町竹瀬と川坂地区を結ぶ川坂橋が開通した。旧橋は増水時に通れない潜水橋だった(5月12日付)

◇2車線林道が開通
北浦町古江と直海地区を結ぶ県内初の2車線林道「ふるさと林道」が開通した。県が総工費68億円をかけて整備した(5月15日付)

◇県北平野部で大雨
県北平野部や大分県境の山沿いで大雨となり、延岡市で住宅7戸が床上浸水したほか、国道の路肩が崩れるなどの被害が相次いだ(5月16日付)

◇工場進出要請を断念
延岡市の桜井哲雄市長は、アサヒビールに対する工場進出要請を断念し、同社が建設を予定していた清涼飲料水工場用地の寄付を受け入れることを明らかにした(6月2日付)

◇高森文夫さん逝く
詩人で東郷町長や延岡市教育長を務めた高森文夫さんが6月2日に亡くなった。88歳。詩人の中原中也とも親交があった(6月3日付)

◇夢の残骸消える
旧高千穂新線の橋やトンネルなどの構造物撤去が始まった。九州横断鉄道高千穂新線の夢は残骸と共にはかなく消えた(6月6日付)

◇都農―西都間で杭打ち式
東九州自動車道都農―西都間の路線測量や地質調査を行う杭(くい)打ち式が新富町であった。前年12月に施行命令が出されていた(6月11日付)

◇跡地でエアロトレイン
リニアモーターカーの宮崎実験線が、東北大流体科学研究所に無償貸与されることが決まった。日向市などの地元は歓迎したが、全面的な解決にならないと辛口の声も聞かれた(6月13日付)

◇絶滅していなかった
門川町の遠見半島で、絶滅したとみられていたハッチョウトンボが生息していることが分かった。昆虫研究家が確認した(6月22日付)
(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)

その他の記事/過去の記事
page-top