【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

リコーダーの魅力伝える

本紙掲載日:2019-01-24
7面
演奏を聴く児童
ユニークな話に笑顔
大きさの違うリコーダーを紹介する盒桐事

専門家が導入期に指導−恒富小

 延岡市の恒富小学校(佐々木浩己校長、207人)は22日、音楽の授業でリコーダーを使い始めた3年生26人を対象に、外部講師による講習を行った。東京リコーダー協会の盒業ネ事が来校し、舌を用いる奏法「タンギング」などを教えた。

 3年時に授業に導入されるリコーダーの魅力を知り、理解を深めてもらおうと実施。東日本と西日本に本部を置く同協会は、約40年前から全国で指導している。

 延岡市には20年以上毎年訪れているという盒桐事は、自己紹介前に「ぶんぶんぶん」や「ちょうちょう」などを軽やかに演奏。テンポを変えたバージョンや大きさが違うリコーダーの音色も披露し、児童を魅了した。

 奏法のポイントとしては、タンギングと指の使い方を指導。「フゥ」ではなく「トゥ」と吹くことで「滑らかでめりはりのある音が出る」と説明し、「ほかの指を自由に動かしながら音を安定させるためには、リコーダーを支える右手親指が大切」と伝えた。

 児童は、演奏が終わると「すげー」と驚き交じりに感動。1メートルや世界最小(約11センチ)のリコーダーには歓声を上げ、ユニークな話には大笑いして、講習を楽しんでいた。

 石川さやさんは「大きさが違うリコーダーがあることを初めて知ったし、音色も違っていて勉強になった」、佐藤亮君は「速くきれいに演奏していてすごかった。ちょっと苦手だけど、練習してみようと思った」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top