【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

分野別フェス12事業−延岡市実行委県申請を承認

本紙掲載日:2019-01-23
3面
第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭延岡市実行委員会の総会

国民文化祭/全国障害者芸術・文化祭−来年10月開催

 第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭延岡市実行委員会(会長・読谷山洋司市長)の総会が15日、同市役所で開かれた。来年の会期に合わせ、同実行委が行う分野別フェスティバル事業について、11月末現在で提案されている12事業を県に申請することを承認した。

 第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭は来年10月17日から12月6日まで51日間、本県で開かれる。県主催事業のほか、会期中は県内各市町村が、地域の文化・歴史などの特色を生かした分野別フェスティバルを実施。延岡市は昨年6月に実行委員会を立ち上げ、準備を進めている。

 実行委員会主催の分野別フェスティバル事業として県の申請をパスすると、総事業費のうち文化祭のテーマ(神話や文化、食など)に合わせた新規拡大部分などの費用が県や市の負担対象となる。同市実行委は、市文化連盟などを通じて各団体に同市の歴史文化、地域文化、食文化などを発信する参加事業の提案を募っていた。

 12事業は「国民文化祭『第九』演奏会」「国民文化祭『秋の茶会』」「城山かぐらまつり」「のべおか天下一薪能・伝統芸能発表会」「延岡『食』文化講演会」「障害者にやさしいまちづくり事業」「宮崎県北日向神話・出逢いの聖地のべおか講演会」など。

 今後に出てくる提案については、随時県に提案を行い、次回の実行委員会で報告することを確認した。また、国民文化祭や全国障害者芸術・文化祭の会期に合わせて実施したい事業などの相談は、2月末ごろまで実行委事務局の市文化課で受け付けるとしている。

 総会では公募委員に選ばれた清田祐介さん(九州保健福祉大学キャリアサポートセンター)と甲斐けさよさん(ひかり工房)が紹介されたほか、大分県で昨年あった国民文化祭の視察の内容が報告され、委員からは「しっかりしたPRが必要」「SNSなどで広く情報発信してほしい」などの意見があった。

 また、昨年12月に開いた実行委・企画委員会の内容報告もあった。分野別フェスティバルだけでなく、地域資源の掘り起こしや情報発信などで機運を盛り上げ、誘客につなげる取り組みの重要性が説明され、委員から「人の流れを作る仕組み、仕掛けが必要」「障害者が参加しやすいツアーを」「冠をつけるだけの既存事業では、若者は来ない」などの意見が挙がったことも紹介された。

その他の記事/過去の記事
page-top