【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市に建設県体育館

本紙掲載日:2019-01-22
3面

2024年度までに整備−バスケットコート3面確保

◆パラスポーツにも配慮−県が基本計画素案

 県は21日、2026年の2巡目国体に向け、延岡市民体育館敷地に同市と共同建設する体育館の整備基本計画(素案)を明らかにした。メインアリーナはバスケットボールコート3面が取れる広さで、パラスポーツにも配慮した。本番前年のリハーサル大会に間に合わせるため、24年度までに整備する。

 国体準備課によると、整備は市民体育館の稼働率の高さを踏まえ、市民の利用が制限されないよう配慮。先にサブアリーナを造り、使用開始後に市民体育館を取り壊し、その跡地にメインアリーナを建設する。

 メインアリーナはバレーボールコートなら4面を確保でき、コート間とコートサイドは車椅子利用でも十分な広さ。天井高も多くの屋内競技に対応できるよう12メートル以上とする。観客席は可動を含め3000〜5000席を想定する。

 サブアリーナはバスケットコート2面、バレーコート3面の広さ。メインと同様、12メートル以上の天井高とし、観客席数は最大800席程度で検討する。

 また、武道や健康教室など多様な使い方ができる多目的室を予定。浴場またはシャワー室(車椅子でも利用可)、ロッカールームは男女2カ所以上。車椅子対応のトイレ個室も設置。大規模災害時対応の備蓄倉庫も整備する。

 駐車場は2千人が来場時に対応可能な800台程度とし、それ以上の来場が見込まれる場合は周辺の既存駐車場利用や臨時駐車場確保などを検討する。

 事業費は概算で約85億円(本体整備70億円、市民体育館解体、用地造成、外構など15億円)と試算。財源は県と延岡市が負担し、ほかに国の補助制度の活用やネーミングライツなども検討する。

◆2月20日まで県民意見募集

 県は今年度末の計画決定を前に、素案への県民意見を2月20日まで受け付け中。県ホームページや延岡総合庁舎内の県政相談室などで閲覧でき、意見があれば所定用紙に記入し、県国体準備課まで郵送かファクス、電子メールで提出のこと。問い合わせは同課(電話0985・26・0084)まで。

その他の記事/過去の記事
page-top