【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

8%か、10%か−消費増税軽減税率説明会

本紙掲載日:2019-01-22
1面
10月1日に導入される軽減税率の説明会

持ち帰り店内飲食「どうしたらいいの」−延岡

 「どうやって判断したらいいのか」「新しいレジを導入しないと」――。10月1日の消費税10%への増税と同時に、対象品目の税率が8%に抑えられる軽減税率制度が導入される。すべての事業者に関係があり、新しい機材やシステムの導入が必要な場合もある。スタートまで残り8カ月余り。延岡税務署と延岡商工会議所が21日に開いた説明会では不安の声が聞かれた。

 軽減税率制度は低所得者に配慮する観点から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に消費税率が8%に据え置かれる。日々の業務でも取扱商品や仕入れ品に適用される税率の確認や、帳簿や請求書などに税率を区分して掲載するなどの影響が出てくる。

 説明会で質問が多かったのが飲食料品の対象品目。持ち帰りや宅配などは税率8%だが、レストランなどでの外食は10%となるため、「持ち帰りで買った商品を『やっぱり店内で食べていく』という人もいる。どうしたらいいのか」などの声があった。これには「精算した時点での税率が適用される。取引が完了した時と考えてもらうといい」と話した。

 まんじゅう店を営む男性は「持ち帰りも店内飲食もあり、判断が難しい。景気が見通せない中で手続きの手間が増えていくのではないか。不満ばかりだ」と厳しい。

 また、国は制度への対応が必要となる中小事業者向けの補助金を用意。複数税率に対応したレジの導入や、受発注システムの改修などの経費をサポートする。居酒屋経営の男性は「今までは電卓でやっても大丈夫だったが、持ち帰りもやっているので、これからはレジを入れないといけないかな。年寄り2人でやっているので、あと何年続くのか分からない。不安ばかりだ」と話した。

 同税務署は今後も説明会を開いていく予定で「適用税率の把握やレジの対応、従業員の教育など準備はたくさんある。新レジの導入やシステム改修には時間を要することが見込まれるため、早めの準備をお願いします」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top