【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

名将惟治公の遺徳しのぶ

本紙掲載日:2019-01-21
2面
歌糸神楽保存会が神楽を奉納
餅まきも行われた

尾高智神社例大祭−延岡市北浦町三川内

 延岡市北浦町三川内の尾高智神社で20日、例大祭があり、同神社が祭る文武両道の名将佐伯惟治(これはる)公の遺徳をしのんだ。歌糸自治公民館(日眛噌館長)主催。

 歌糸菅原神社の猪股信彦宮司による神事が行われ、関係者が玉串をささげた。本殿前に設けられた神庭(こうにわ)では、歌糸神楽保存会(甲斐龍会長)が神楽を奉納。境内では甘酒やおにぎり、漬物の振る舞い、餅まきもあった。

 訪れた大勢の参拝客は、神楽の合間などにさい銭を投げ入れて手を合わせ、家内や海上の安全、家業繁栄などを祈願した。

 宮崎市内の友人を訪ねる途中で立ち寄ったという大分県佐伯市の西田詠子さん(61)は、「歴史にはそれほど詳しくないですが、やはり佐伯の人間なので感慨深いものがあります。こうして丁寧に祭っていただいていることに感謝します」と話した。

 佐伯惟治公は、佐伯・栂牟礼(とがむれ)城城主。豊後守護職であった大友宗麟(そうりん)の父・義鑑(よしあき)に対する謀反の疑いを掛けられ、大永7(1527)年11月、同神社がある尾高智山で自害したと伝えられている。

その他の記事/過去の記事
page-top