【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

卒業料理を保護者に披露

本紙掲載日:2019-01-19
7面
3年間の集大成を披露した延岡学園高校調理科3年生の卒業料理作品展

延岡学園高調理科3年

◆総菜、デザート…和洋中80品

 延岡学園高校(柳田光寛校長)調理科の卒業料理作品展が18日、延岡市大峡町の同校体育館で開かれ、3年生26人が1人1品以上を発表した。会場には招待された保護者ら約100人が訪れ、子どもの成長を感じながら料理を楽しんだ。

 生徒がこれまで身に付けてきた知識や技能を披露する集大成の場として毎年行っている。開会式で柳田校長は「作品は3年間の努力のたまもの。たくましく成長した生徒と交流しながら作品を味わって」とあいさつ。生徒は一人一人マイクを握り、自らの料理を説明。「両親、先生への感謝の気持ちを込めて作った」「全て自信がある作品」などと言葉に力を込めた。

 作品展はバイキング形式の試食会。総菜やデザートなど和洋中の約80品がテーブルに並べられた。来場者は作品をスマートフォンのカメラで撮影するなどまずは目で楽しんだ後に料理を堪能した。

 「かわはぎとあさりのサフラン風味」など数品を作った木原春花さんは「3年間はすごく速かった。高校生レストランが一番思い出に残っており、スープの味付けに苦労したが(客が完食して)空っぽになった容器が返ってきた時はうれしかった。これを糧に今後も勉強を続け、管理栄養士になって保育園の給食を作りたい」と抱負。

 木原さんの父専二さん(48)=延岡市北浦町=は「中学までは全く料理ができなかった娘が、あんなふうに料理を作れるようになっていてびっくりした。すごくおいしかった。しっかり資格を取って、料理の世界で頑張ってもらいたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top